メダルを掛けて決勝メダルレースへ。プリンセスソフィア杯5日目

  • 01
  • Apr

 3月31日、プリンセスソフィア5日目の成績です。最終日の決勝メダルレースには、470級の磯崎哲也/高柳 彬が3位で進出を決めました。470級の決勝は上位8艇が出場し、メダルを掛けて戦うことになります。磯崎/高柳とトップの差は9点、2位との差は4点。上位へ勝ち上がる可能性を秘めて最終レースへ挑みます(BHM編集部)

CH6I9927
大会5日目、2-1位と好調な内容で第2レースが終わった時点で2位へ浮上した磯崎/高柳。第3レースで落としてしまいましたが、フルパワー風域でもスピードは負けていません。メダルを狙い最終日を戦います。photo by Junichi Hirai

◎470級男子、メダルレースエントリーリスト
1. SWE Carl-Fredrik FOCK / Marcus DACKHAMMAR 34p
2. ESP Jordi XAMMAR / Nicolas RODRIGUEZ 39p
3. JPN Tetsuya ISOZAKI / Akira TAKAYANAGI 43p
4. RUS Pavel SOZYKIN / Denis GRIBANOV 53p
5. GRE Panagiotis MANTIS / Pavlos KAGIALIS 57p
6. USA Stu MCNAY / Dave HUGHES 58p
7. TUR Deniz CINAR / Ates CINAR 60p
8. BRA Geison MENDES / Gustavo THIESEN 64p

CH6I0519
プリンセスソフィア杯初出場の新生FXチーム、山崎アンナ/高野芹奈は大健闘といえる総合14位で大会を終えました。photo by Junichi Hirai

CH6I9280
予選42位から14位まで順位を上げたラジアル級の土居愛実。リオまでに培った感覚を取り戻せば、再び世界のトップグループで戦うことになるでしょう。photo by Junichi Hirai

CH6I8587
地元スペインのマリナ・ギャレゴとスポット参戦した吉岡美帆。コーチには日本にも馴染み深いイスラエルの元470セーラー、ギディがつとめました。photo by Junichi Hirai

CH6I9965
国体愛媛チームに所属し、チャンスを見つけては国際大会に挑戦している今村 亮/外薗潤平(総合15位)。次はW杯イエールに出場します。photo by Junichi Hirai

CH6I8060
パルマ大聖堂の前を走るJクラス(マキシ)ボート。今年の表彰セレモニーは大聖堂でおこなわれます。photo by Junichi Hirai

CH6I9939
最終14位の市野直毅/長谷川孝。チーム結成3年目を迎え、活動環境は依然不安定ながらも挑戦意欲は十分。彼らもイエールに出場します。photo by Junichi Hirai

CH6I8867
6つの海面が設けられたパルマ湾は、相模湾で例えれば、江の島〜葉山のスペースがレースエリア。両端の海面では風コンディションが大きく異なります。photo by Junichi Hirai

CH6I8662
陸上で出艇を待機する49er、470のシルバーフリート。中盤以降はゴールドフリートが優先されるため、シルバー以降は後回しにされます。photo by Junichi Hirai

第48回プリンセスソフィア杯 5日目成績
470級男子 参加56艇
1. Carl Fredrik Fock / Marcus Dackhammar (SWE) 34p
2 . Jordi Xammar / Nicolás Rodríguez (ESP) 39p
3. 磯崎哲也/高柳 彬 43p
14. 市野直毅/長谷川孝 93p
15. 今村 亮/外薗潤平 96p
29. 小泉颯作/野田友哉 114p

470級女子 参加42艇
1. Afrodite Zegers / Anneloes Van Veen (NED) 31p
2. Agnieszka SKRZYPULEC Jolanta OGAR (POL) 36p
1 . Silvia Mas / Patricia Cantero (ESP) 39p
13. Marina GALLEGO / 吉岡美帆 86p

レーザーラジアル級女子 参加84艇
1. Dongshuang ZHANG (CHN) 73p
2. Viktorija Andrulyte (LTU) 74p
3. Monika MIKKOLA (FIN) 82p
14. 土居愛実 140p

レーザー級男子 参加134艇
1. Elliot HANSON (GRB) 38p
2. Francesco Marrai (ITA) 45p
3. Nick THOMPSON (GBR) 59p
39. 瀬川和正 214p
51. 樋口 碧 252p
74. 北村勇一朗 162p

49er級男子 参加59艇
1. James Peters / Fynn Sterritt (GBR) 68p
2. Diego Botin / Iago López (ESP) 69p
3. Dylan Fletcher Scott / Stuart Bithell (GBR) 81p
33. 古谷信玄/八山慎司 182p

49erFX女子 参加30艇
1. Victoria Jurczok / Anika Lorenz (GER) 43p
2. Helene Naess / Marie Ronningen (NOR) 81p
3. Kimberly Lim / Cecilia Low (SIN) 97p
14. 山崎アンナ/高野芹奈 186p

RS:X級女子 参加58艇
1. Zofia Noceti- Klepacka (POL) 24p
2. Marina Alabau (ESP) 31p
3. Stefania Elfutina (RUS) 41p
37. 小嶺恵美 125p
38. 伊勢田愛 126p

RS:X級男子 参加96艇
1. Iván Pastor (ESP) 44p
2. Mattia Camboni (ITA) 48p
3. Mengfan GAO (CHN) 53p
71. 倉持大也 240p
78. 池田健星 272p

◎48 Trofeo Princesa Sofia IBEROSTAR
http://www.trofeoprincesasofia.org

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ