ミストラル吹き荒れる!セーリングワールドカップ・イエール開幕

  • 28
  • Apr

 4月27日、フランス・イエールで「セーリングワールドカップ・イエール」がはじまりました。この大会は年間5戦おこなわれるワールドカップの第3戦で、出場は各クラス上位40艇に限定されています。8月のリオ五輪までワールドカップが本大会とイギリス・ウエイマスの2大会しか残されていないこともあり、レース経験を求めるランキング上位選手が出場しています。(BHM編集部)

7Z7A4456
リオ五輪まであと100日。フランス・イエールにランキング上位選手が集まりました。大会初日はミストラルが吹き大荒れの1日に。photo by Junichi Hirai

 この上位限定システムになって実質2年目を迎えますが、残念ながらワールドカップの流れは順調と呼べないようです。昨年はプリンセスソフィア杯がイエール大会の予選になっていましたが、今年は予選なし。クラスによっては、ランキング30位までにインビテーションが出され、なんと残り10艇は実質「早いもの勝ち」というアンフェア極まりない限定大会となっています。

 ある国の選手は、正式にエントリーできなかったにも関わらず、前日に大会受付に掛けあったら出場可能になったという、なんとも不明瞭な参加資格です。選手に負担を掛ける日程の問題、ファイナルのアブダビ戦の取り止め等、ワールドカップのシステムそのものが、改変時期に来ているといえるでしょう。

 こうした内情とは反対に、リオ五輪を直前に控えるトップセーラーは急成長をみせています。五輪期間の4年間で最もブラッシュアップされているこの時期、ほとんどの国で代表選手が決まり、セーリングに磨きを掛けて挑んでいます。

 セーリングワールドカップ・イエール大会に出場する日本選手は次の通りです。

470級女子
吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセホールディングス)
470級男子
市野直毅/長谷川孝(無所属/横浜ゴムMBジャパン)
49er級
牧野幸雄/高橋賢次(トヨタ自動車東日本)
RS:X級男子
富澤 慎(トヨタ自動車東日本)
RS:X級女子
伊勢田愛(福井県体育協会)

 初日は、30ノットオーバーのミストラルが吹き荒れるイエールの洗礼にトラブル艇続出。日本チームも強風レースにミスの目立つ1日になりました。セーリングワールドカップ・イエールは5月1日まで開催されます。

7Z7A5467
3月からリオで合宿している富澤 慎。海外大会はイエールに絞って出場しています。大会初日は15位発進となりました。photo by Junichi Hirai

7Z7A4568
迫力満点のフィン級。日本選手は出場していません。photo by Junichi Hirai

7Z7A4785
レース海面はブロースポットがあり、最大40ノット近くのガストが襲いました。photo by Junichi Hirai

7Z7A5823
アブダビ戦(五輪選考)で体重を限界まで落とし、リオに向けて増量中の牧野/高橋。photo by Junichi Hirai

7Z7A6027
RS:X級女子日本代表の伊勢田愛。約1週間の現地練習を経て挑みます。photo by Junichi Hirai

7Z7A6124
驚くほど痩せていたRS:X級代表の富澤 慎。話を聞くと半年間で7キロ減量したとか(現在70キロ)。「軽風以下の風で想像以上に速くなってます」と自信たっぷり。photo by Junichi Hirai

7Z7A6150
470級の市野/長谷川。「他国の選手がものすごくレベルアップしている。東京を目指していますが、このレベルは今しか体験できないので、負けてられないという気持ちで出場しました」(市野直毅)。photo by Junichi Hirai

7Z7A6206
イエールはワールドカップで最もメディア(100人近く)が集まる大会。席の確保が大変です。photo by Junichi Hirai

セーリングワールドカップ・イエール 大会初日成績
470男子 参加39艇
1. AUS Mathew Belcher / William Ryan 3.00p
2. GBR Luke Patience / Chris Grube 6.00p
3. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 7.00p
24. JPN 市野直毅/長谷川孝 45.00p

470女子 参加34艇
1. NZL Jo Aleh / Polly Powrie 3.00p
2. POL Agnieszka Skrzypulec / Irmina Mrozek Gliszczynska 7.00p
3. BRA Fernanda Oliveira / Ana Luiza Barbachan 8.00p
26. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 50.00p

49er 参加40艇
1. NZL Peter Burling / Blair Tuke 4.00p
2. AUS William Phillips / Sam Phillips 5.00p
3. GBR John Pink / Stuart Bithell 7.00p
35. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 59.00p

RS:X男子 参加40艇
1. POL Pawel Tarnowski 2.00p
2. POR Joao Rodrigues 6.00p
3. FRA Thomas Goyard 8.00p
15. JPN 富澤 慎 25.00p

RS:X女子 参加40艇
1. FRA Helene Noesmoen 2.00p
2. POL Maja Dziarnowska 3.00p
3. POL Zofia Noceti-Klepacka 5.00p
34. JPN 伊勢田愛 54.00p

【イエールに展示された東京五輪世代のフォイリングナクラ17】
7Z7A6158
大会会場に展示されていたナクラ17。昨年のルール改正許可を経て、ダガーボードとラダーがフォイル仕様になっています。5月にテストセーリングをおこなうとか。東京五輪はフライング・ナクラの戦いが見られるかもしれません。photo by Junichi Hirai

7Z7A6177
いま話題のZ字型ダガーボード。ユース種目のナクラ15でいち早くお披露目されました。ダガーの上げ下げ不要でフォイリング、タック・ジャイブが可能になります。ダガーボードは前後移動できます。photo by Junichi Hirai

7Z7A6195
ダガーボードケース。出着艇時のダガーはどうするのか? このままではスロープから人力で下ろせなそうですが……。続報を待ちましょう。photo by Junichi Hirai

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ