フィン級3選手が東京五輪へ向けて本格始動。2018フィン級世界選手権代表選考レース

  • 20
  • May

 5月18〜20日、神奈川県横須賀市・湘南サニーサイドマリーナで「2018年フィン級世界選手権代表選考レース」が開催されました。この大会は、東京五輪を目指す日本選手による初めてのヨットレースで、藤村裕二(SSMYC) 、國米 創(オプテックジャパン)、西尾勇輝(和歌山県立医科大)の3選手が出場しました。(BHM編集部)

2018-05-20_02
フィンセーラーが東京五輪を目指して国内レースを開催しました。左から國米選手、藤村選手、西尾選手。photo by event media

 レースは微風から強風まで多彩な風域で8レースおこなわれ、成績は、1位藤村選手、2位國米選手、3位西尾選手となり、彼ら3選手が日本代表となりました(この選考レースは、2018年度フィン級世界選手権の出場枠数が未定だった時期に企画されましたが、その後、日本へ出場枠が降りてきたために3選手が出場できます)。

 上記の通り、本レースで代表選考の意味はなくなりましたが、東京五輪へ向けて本気で動き出した日本フィン級の活動表明の初イベントとなりました。選手たちは、国内外のトレーニングを経て、8月デンマーク・オーフスで開催される世界選手権(セーリングワールドチャンピオンシップ)へ出場します。

2018-05-20_finn
2018年フィン級世界選手権代表選考レース成績

◎2018年Finn世界選手権代表選考レース
http://www.kanagawa-sailing.org/finn-world2018

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ