ピンクキッス貫禄の優勝!秋季関東選手権

  • 29
  • Oct

 10月25、26日、J/24・Platu合同の「秋季関東選手権」が相模湾で開催されました。J/24は13艇、Platuは4艇がエントリーし、2日間とも汗ばむ秋晴れのなか合計3レースが行われました。朝は残っていた北風が次第に弱まりその後はずっと微風。いかにブローの中を長く走っていられるかがポイントとなりました。(文・写真提供/日本J/24クラス協会関東フリート広報)

14.10.29_01
Platu、J/24合同で開催された秋季関東選手権。風弱く3レース成立となりました

 風待ちのあと始まった第1レース、先にスタートしたPlatuの展開を見つつJ/24がスタート。艇団は左右に分かれますが、1上レグの後半ブローで伸びた右艇団の中で〈だぼはぜ〉がリードしました。

 しかし、ダウンウインドレグで風が落ちて順位の変動があり〈ピンクキッス〉がトップに。そのまま〈ピンクキッス〉がトップをキープしフィニッシュ、〈帆省海〉が続きました。

 第2レースは1下マークまで〈祖国丸〉がダントツトップでしたが、微風のためコース短縮で風上フィニッシュに変更となり、ここから劇的な展開に…。

 中盤で下マークを回航した〈ラル〉が即タック、左から入ったブローで一気に順位を上げてトップに躍り出ます。結局このレースは怒涛の追い上げを見せた〈ラル〉がトップ、2位に〈祖国丸〉が入りました。

 2日目、第3レースはスタート後、左のブローをつかみポートを長く走れた〈ラル〉と〈月光〉が1歩リードします。ファーストミートで先行した〈ラル〉が上マークをトップ回航。3位はスタート後に我慢して左海面に出した〈だぼはぜ〉。

 ダウンウインドは、風のシフトでほぼスタボード1本コースに。またもやコース短縮となるなか、2上レグでは今度は〈オリーブ〉が右海面に伸ばしてトップに躍り出ます。第3レースのフィニッシュ順位は〈オリーブ〉、〈月光〉、〈だぼはぜ〉、〈ピンクキッス〉、〈ラル〉と優勝の行方は接戦になりますが、〈月光〉がOCSで優勝戦線から離脱。

 その後は風待ちとなりましたが、結局風が入ることはなく終了となりました。J/24クラス優勝は〈ピンクキッス〉、Platuクラス優勝は〈コンコード〉でした。

 次回J/24レースは12月14日、台風の影響により延期となった第7回フリートレースを予定しています。寒さも吹き飛ぶようなアツいレースが期待されます。みなさまのご参加をお待ちしております。

14.11.04_100
秋季関東選手権 J/24クラス成績

14.11.04_101
Platuクラス成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ