バハマ・ナッソー「スターセーラーズリーグ2018ファイナル」写真集

  • 11
  • Dec

 12月8日までバハマ・ナッソーで開催された「スターセーラーズリーグ ファイナル」の写真集です。最終日はトップ4選手がファイナルへ進み、4艇によるフリートレースがおこなわれました。優勝はリオ五輪フィン級4位で現役フィンセーラーのジョージ・ザリフ/ベドロ・トロウチェ(BRA)です。(BHM編集部)


年末の恒例イベントになったスターセーラーズリーグファイナル。優勝はフィンセーラーでした

 リオ大会からオリンピック競技からはずれ、独自の道を開拓しているスター級。五輪依存型の流れから離れて、トップセーラーによるリーグ制、ノックアウト方式(準々決勝、準決勝、決勝)のレースフォーマット等、ワールドセーリングにできなかったヨットレースイベントを実現しています。

 東京五輪では検討されたものの採用されませんでしたが、バルクヘッドマガジン編集部は五輪セーリング競技におけるレースフォーマットの変更・改善は、艇種決定よりも重要な議案だと考えています。

 世界的にレースフォーマットの変更に動きがあり、実際に、今年9月にインドネシア・ジャカルタで開催されたアジア大会では、RS:X ONE MIX種目で「リレー」が採用されました(陸上のリレーと似て、選手が入れ替わりでコースを走ります。日本は不参加でした)。

 スターセーラーズリーグは、世界のトップセーラーを集めた豪華なヨットレースとしてはもちろん、レースフォーマットも興味深い大会です。

2018スターセーラーズリーグ・ファイナル成績
1. Jorge Zarif (BRA)/Pedro Trouche (BRA)
2. Robert Scheidt (BRA)/Henry Boening (BRA)
3. Diego Negri (ITA)/Frithjof Kleen (GER)
4. Eivind Melleby (NOR)/Joshua Revkin (USA)
5. Mark Mendelblatt (USA)/Brian Fatih (USA)
6. Mateusz Kusznierewicz (POL)/Dominik Zycki (POL)

STAR SAILORS LEAGUE
http://www.starsailors.com/


スターセーラーズリーグ最終日ハイライト映像

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ