ニュージーランドOP世界選手権・前半写真集

  • 06
  • Jan

ニュージーランド・ネイピアで開催されているオプティミスト級世界選手権。現在、大会の折り返し地点(6レース)を過ぎて、トップを走るのは、シンガポールのRyan Lo選手。続いてオランダ、ペルー。女子トップは総合11位のMaria Vittoria Marchesini選手(イタリア)です。日本勢は51位の高宮豪太選手が最高順位。がんばれ! また、昨日までおこなわれたチームレース世界選手権はシンガポールが優勝しました。オプティミスト級世界選手権は1月9日まで開催されます。(BHM編集部)

◎Opti Worlds NZL
http://www.optiworldsnz.org.nz/
◎日本チーム応援ページ
https://sites.google.com/site/optiworldsnz2011/


オプティミストワールドには48カ国・210名が出場しています


レースエリアに登場したトラディショナルなロウボート


後半戦は1月7〜9日までおこなわれます


ニュージーランドの原住民、マオリ族の踊り


チームレースワールド


優勝のシンガポールチーム


チームレースワールドの様子。最終成績は、1位シンガポール、2位ペルー、3位タイでした

毎週水曜コラム更新:サンケイビジネスアイ
フェイスブック:BULKHEAD magazine
ツイッター:BULKHEADER
======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
プラネット・グリーン
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ