ニッポンカップ年間優勝チーム決定!オータムシリーズに関西、静岡からも参戦

  • 08
  • Nov

 10月19日、20日の2日間、「Audi NIPPON CUP葉山オータムシリーズ」が開催されました。5年目となる今年のオータムシリーズは、関西や静岡からの遠征組含め30艇の参加があり、にぎやかな顔ぶれとなりました。(レポート/葉山マリーナヨットクラブ NIPPON CUP実行委員会)


相模湾でおこなわれる春と秋の名物レース「Audi NIPPON CUP」が開催されました。早いもので今年で5年目です。photo by Junichi Hirai

 IRCクラスは、スプリングシリーズ同様にHP(ハイパフォーマンス)、A、Bの3つのディビジョンで競います。メルジェス20クラスは初出場のチームを含め過去最多の7艇が揃い、国内のキールボートのワンデザインレースとして定着してきたようです。

 レース初日の朝は、不安定な岸寄りの風で始まりました。隣接するレース海面ではスナイプ全日本が開催中で、お互いのマークも近くかなりの制限がある中、風の振れ幅も大きく、レース運営の頭を悩ませます。

 また、10トン超の本部船のバウが完全に風下を向いてしまうほどの強烈な潮があり、スタート前になってアンカーラインが切れるというトラブルが発生。予備のアンカーを打ち直しようやくスタートをしたものの、風が安定せず、ノーレースとなりました。

 その後、南風が入り、コースを反転して仕切り直しです。徐々に安定した風速となり、午後になりようやく第1レースを終了しました。続く第2レースは徐々に風速があがり、フルハイクのコンディションとなりました。

 初日はここまでとなり、2レースを終えて、IRC-HPは〈KARASU〉(MILLS 41)、IRC-Aは〈NATSUKO〉(X35)、IRC-Bは〈CAVOK〉(FIRST35)、メルジェス20は〈SWIFT MAGIC〉がそれぞれトップに立ちます。


2位と同ポイント。タイブレークで勝利したIRC-B〈CAVOK〉(FIRST35)。photo by Junichi Hirai


西宮の関西ヨットクラブから遠征した〈NATSUKO〉(X35)photo by Junichi Hirai

 2日目は朝から太陽が顔を出し、絶好のセーリングコンディションとなりました。葉山特有の振れまわる風ですが、しっかりと重い北東風が入り、僅差でのマーク回航などエキサイティングなレースが展開されました。その後徐々に右に振れていき、最後までマークチェンジがありましたが、初日の遅れを取り戻すべく3レースを実施し、2日間で全5レースを完了しました。

 IRC-HPは、初日の勢いそのままに〈KARASU〉の圧勝となりました。IRC-Aは〈光風〉(FIRST 40)が得意のコンディションで確実にポイントを重ね、IRC-Bは2位と同ポイントのタイブレークで地元葉山の〈CAVOK〉(FIRST35)が逃げ切り、それぞれ優勝しました。若いセーラーが多いメルジェス20クラスは〈SWIFT MAGIC〉が熱戦を制し優勝しました。


メルジェス20には7艇出場。写真は優勝の〈SWIFT MAGIC〉。photo by Junichi Hirai


IRC-HPクラス優勝の〈KARASU〉(MILLS 41)。photo by Junichi Hirai


風が振れリーチングぎみで風下マークへ向かう艇団。大迫力です。photo by Junichi Hirai


RC-A優勝の〈光風〉(FIRST 40)。年間タイトルも手にしました。photo by Junichi Hirai

 また、スプリングシリーズとの総合で算出するクラスおよびディビジョン別の2019年チャンピオンは、〈KARASU〉、〈光風〉、〈FELLOWS〉、〈TRINITY〉に決定し、スポンサー企業から豪華な副賞が授与されました。

 Audi NIPPON CUP葉山シリーズは、スタートアップから5年が経ちました。冠スポンサーを迎え、クラブメンバー自らの手で新しいキールボートチャンピオンシップを立ち上げることは大きな挑戦となりました。

 毎回多くの課題が洗い出され、至らない点も多々ありますが、それらを1つ1つフィードバックしながら改善し、今後もより良いレースとして育てていけたらと思います。

 次回は、スプリングシリーズが、2020年4月18日、19日。オータムシリーズが2020年10月17日、18日の日程で開催予定です。

 オリンピックイヤーとなる来年、相模湾のセーリングシーンが更に盛り上がりを見せるよう、トップレーサーの皆さんはもちろん、クラブレースや地域でのレースを楽しんでいる方々、そしてキールボートへの挑戦を考えている若い世代等、多くの皆さんの参加をお待ちしています!


最終日、葉山マリーナでおこなわれた表彰セレモニー。会場は参加者満員で熱気あふれていました。photo by Junichi Hirai


年間シリーズ優勝の〈FELLOWS〉。各IRCクラスの年間優勝チームにLOCMANの腕時計が贈呈されました。photo by Junichi Hirai


オータムシリーズ成績


2019年間シリーズ成績


2019 AUDI NIPPON CUP AUTUMN ハイライト映像

Audi NIPPON CUP葉山シリーズ2019
https://hmyc.or.jp/nc2019/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
リブワークス
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ