ドイツ・デュッセルドルフ国際ボートショー

  • 20
  • Feb

 1月17〜25日までドイツで開催された世界最大級のボートショー「デュッセルドルフ国際ボートショー」を訪問した桔梗敏行さん(ノアスポーツ)から、写真とレポートが届きました。日本では3月にジャパン・インターナショナルボートショーが開催されます。その前に世界最大級のボートショーの雰囲気をご紹介しましょう。デュッセルドルフの会場は、ジャパン・インターナショナルボートショーがおこなわれるパシフィコ横浜と同じような大きさの施設が17(!)もあるんだそう。全部まわるには一週間、駆け足で見ないと間に合いませんね。(BHM編集部)

15.02.20_boot15_JV0607
約24万人が来場したデュッセルドルフ国際ボートショー。日本の多くのマリン関係者も足を運ぶ世界最大級のボートショーです。photo by eventmedia

———————————————-

 まもなく日本でボートショーが開かれます。これに先駆けてセーリングの本場ヨーロッパでは、各地でボートショーが開かれています。(レポート・写真/桔梗敏行)

 その中でも世界最大級のデュッセルドルフ国際ボートショーは、57カ国1741社が出展。17ホールに新しいボートやヨット、ギアが展示され、世界60カ国から約24万人の来場者を集めました。

 日本からは、船外機を中心にヤマハ,ホンダ、スズキ、エンジンでヤンマー、航海計器でフルノ、アイコム等、セーリングヨットでは日本のメーカーは残念なことにありません。

2015ヨーロッパヨットオブザイヤー
 ヨーロッパでは毎年多くのプロダクションヨットが発売されます。その中で11の異なるEU諸国の11のヨット専門誌が5つのカテゴリー別にすぐれたヨットを5艇ノミネートします。

 そのノミネートの中から更に長い審査でカテゴリー別にヨットオブザイヤーが選ばれます。日本でもポピュラーなファミリークルーズ部門では、ババリア・クルーザー46が最も洗練されたヨットとして選ばれました。

15.02.20_IMG_0036
ヨーロッパヨットオブザイヤーを獲得したババリア・クルーザー46。ファミリー向けセールボートです

15.02.20_IMG_0038
ババリア・クルーザー46。チークが気持ち良さそうなコクピットです

ファミリークルーザー部門
ババリア・クルーザー46(ドイツ)ヨットオブザイヤー
デュフォー310 グランドラージ(フランス)ノミネート
ジャヌー・サンオデッセー349(フランス)ノミネート
ナウテック・オープン40(ドイツ)ノミネート
RM890(フランス)ノミネート

パーフオマンスクルーザーカテゴリー
JPK10.80(フランス)ヨットオブザイヤー
コルセア・クルーズ970(ベトナム)ノミネート
デヘラー・46(ドイツ)ノミネート
ジャヌー・サンファースト3600(フランス)ノミネート
マイリウス50(イタリア)ノミネート

その他のヨットオブイヤー
ラグジュアリー ヨットカテゴリー
クーワイズセンチュリオン57(フランス)

スぺシャルヨットカテゴリー
アドヴァンス44(イタリア)

ブルーウォターヨットカテゴリー
ボレール52(フランス)

◎Boot Dusseldorf
http://www.boat-duesseldorf.com/

IMG_0092
アメリカズカップチームのトレーニングボートとしても知られるフライングファントム。L型ダガーボード、T型ラダーのフォイリング・カタマランです

15.02.20_15.02.20_IMG_0263
ディンギーブース。470や420の展示もありました。ドイツは日本と同じように470普及国です

15.02.20_15.02.20_IMG_0324
ひとり乗りトラピーズ艇のコンテンダー級。フィン級と五輪種目を争った艇種です。日本では馴染みの薄い艇種ですが、毎年しっかり世界選手権が開催されています

15.02.20_boot15_MK4973
巨大でゴージャスなスーパーヨットのブース。photo by eventmedia

15.02.20_boot15_CT_8614
展示されるヨットやボートは、ライン川からクレーンで上架されて会場に運ばれるんだそう。photo by eventmedia

15.02.20_boot15_MK5436
会場には特設プールがあり、実際にセーリングやカヌー等が体験できるようになっています。photo by eventmedia

IMG_0109
日本にはまだ導入されていないFARR280。20フィート前後のキールボートは世界で急激に広まっていますが、この手のサイズ(30ft弱のハイパフォーマンス・ワンデザインキールボート)はこれから?

IMG_0101
シングルハンド・オフショアレース(ミニトランサット)のトランサット6.50も展示されていました


デュッセルドルフ国際ボートショーの様子

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ