ドイツ・セーリングの祭典、日本から12艇出場「キールウィーク」開催

  • 24
  • Jun

 6月25日までドイツ・キールで開催された「キールウィーク」の成績です。日本からは国際大会初出場チームを含む7種目12艇が出場。470級男子の土居一斗/木村直矢(チームアビーム)は序盤からメダル争いを見せ、総合5位に。岡田奎樹/外薗潤平(トヨタ自動車東日本/九州旅客鉄道)は9位。また、ラジアル女子の土居愛実(チームアビーム)はメダルレースに進みましたが8位で大会を終えました。(BHM編集部)


キールウィークはディンギーからクルーザー(ORC)まで、同時開催されるフェスティバル・ヨットレースです(帆船パレードも有り)。合計41クラスのレースがおこなわれました。photo by www.segel-bilder.de

 本大会に出場した選手たちは、8月にデンマーク・オーフスで開催される「ワールドセーリングチャンピオンシップ」に出場します。この大会は、全五輪セーリング種目合同の世界選手権で、W杯江の島大会の出場に関係する重要な大会です。

◎キールウィーク成績
http://manage2sail.com/en-US/event/kiwo18#!/results?classId=470m


総合5位の土居/木村。photo by Sascha Klahn

キールウィーク2018
470級男子 参加48艇
1. AUS Mathew BELCHER / Will RYAN 26.0p
2. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM 37.0p
3. FRA Kevin PEPONNET / Jeremie MION 44.0p
5. 土居一斗/木村直矢 53.0p
9. 岡田奎樹/外薗潤平 74.0p

レーザーラジアル級 参加76艇
1. DEN Anne-Marie RINDOM 17.0p
2. NOR Line Flem HÖST 26.0p
3. SWE Josefin OLSSON 31.0p
8. 土居愛実 37.0p
35. 冨部柚三子

レーザー級 参加118艇
1. GER Philipp BUHL 37.0p
2. GBR Elliot HANSON 38.0p
3. CRO Filip JURIŠIĆ 51.0p
33. 南里研二

49er級 参加86艇
1. DEN Jonas WARRER / Jakob PRECHT JENSEN 54.0p
2. ESP Federico ALONSO / Arturo ALONSO TELLECHEA 65.0 p
3. POL Łukasz PRZYBYTEK / Paweł KOŁODZIŃSKI 70.0p
33. 高橋 稜/小泉維吹

49erFX級 参加61艇
1. NZL Alexandra MALONEY / Molly MEECH 48.5p
2. GER Tina LUTZ / Susann BEUCKE 61.0p
3. SWE Julia GROSS / Hanna KLINGA 65.0
23. 山崎アンナ/高野芹奈

フィン級 参加69艇
1. NZL Josh JUNIOR 57.0p
2. NOR Anders PEDERSEN 61.0p
3. GBR Ed WRIGHT 64.0p
59. 國米 創

ナクラ17級 参加40艇
1. GBR John GIMSON / Anna BURNET 35.0p
2. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 36.0p
3. AUT Thomas ZAJAC / Barbara MATZ 51.0p
15. 梶本和歌子/川田 貴章
19. 飯束潮吹/畑山絵里
31. 村山 仁美/渡部雄貴
33. 深沢瑛里/田中航輝

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ