テーマは「インカレ・リターンズ〜ビックフリートの走らせ方」。同志社ウィーク案内

  • 21
  • Feb

 来る3月16〜18日、琵琶湖・柳が崎ヨットハーバーで、同志社大ヨット部が主催する「第36回同志社ウィーク」が開催されます。今年の同志社ウィークのテーマは、「インカレ・リターンズ〜ビックフリートの走らせ方〜」です。(文/第36回同志社ウィーク実行委員会)

23405800_1629062830486470_6996184842337814226_o
今年も琵琶湖で同志社ウィークが開催されます。ぜひご参加ください。photo by Junichi Hirai

 同志社ウィークの良さは、社会人セーラーや海外の選手と交流が出来るのはもちろん、学生セーラーの最終目標であるインカレと同じビックフリートでレース経験を積めることです。

 約140艇を集めて行われるレースは、全日本レベルにならなければ経験することができないため、多くの艇数のなかでレースをすることは選手にとって必ず貴重な経験になる、と考えました。

 また、講習会では有力招待選手より「ビックフリートの走らせ方」について講演して頂く予定です。エントリーされる皆様におかれましては、より実りあるレースにして頂けると思います。

 第36回同志社ウィークは、2018年度全日本スナイプ級ジュニアヨット選手権、2018年度全日本スナイプ女子ヨット選手権を併催しています。

 ぜひ同志社ウィークに参加して、より大きな舞台で活躍するチャンスをつかんでください。

 エントリーはすでに開始しています。エントリー期限は3月15日まで。期日までにオンラインエントリーサイトより各自行ってください。3月15日以降のエントリーは大会実行委員までお問い合わせください。レイトエントリーは16日に行われるレセプション会場で受け付けます。

第36回同志社ウィーク招待選手
スナイプ級 白石潤一郎選手
470級 宮川英之選手、JUNG Jinhwan選手、PARK Jihun選手 (韓国学生チャンピオン)

同志社ウィーク大会サイト
公式サイト:https://doshishaweek.jimdo.com
Facebook: https://www.facebook.com/duyc.2017/ (2018年第36回同志社ウィーク)
オンラインエントリーサイト:http://sail.jpn.com

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ