テーザー葉山スプリングレガッタ・レポート

  • 01
  • May

 4月25、26日、2015年度シーズンの幕開けとなる「スプリングレガッタ」が葉山港で開催され、関西、浜名湖からの遠征チームも含め、25チーム、54名のテーザーセーラーが出場しました。(レポート・写真/日本テーザー協会)

15.05.01_P4260169
葉山で開催されたテーザースプリングレガッタ

 初日は北東の軽風で3レースが実施されました。朝方の冷えこみの影響で吹いていた風が徐々に落ちていく中、右(東)に風がまわるかもしれないという予感の一方で、左サイドには逗子海岸方面からのブローが時々降りてくるという、コース選択が難しい海面でした。レグごとにかなり順位が入れ替わる展開で佐藤・村岸組(江の島フリート)は、出遅れても追い上げる実力をみせ、3レースを1-5-1でまとめました。

 レース終了後のレセプションでは、最も活躍したセーラーの称号である“テーザー・セーラー・オブ・ザ・イヤー”の表彰(本年度は大阪北港の石川氏が受賞)や各地のフリート紹介が和やかな雰囲気の中で行われました。また、2017年夏の蒲郡テーザーワールド記念Tシャツが披露され、販売好調でした。

 翌26日、朝の北風は早々に止み、10時過ぎに西の微風で第4レースがスタート。石川・泉組(大阪北港フリート)が上りで素晴らしい走りをみせ、トップフィニッシュ。続く第5レースは南西から徐々に南に振れる風で軽部夫妻(稲毛フリート)がトップを飾りました。もっとも風が落ち着いた最終レースは実力チームが接戦となり、池田・須山組(稲毛フリート)が制しました。

 総合優勝は、2月のミッドウィンターに続く優勝となった佐藤・村岸組、2位はGMクラスデビューとなった田中夫妻組(稲毛フリート)、3位は石川・泉組という結果でした。

 次のイベントは、ワールド開催地に決定した蒲郡・海陽ヨットハーバーでの練習会です。日本テーザー協会では、蒲郡ワールドを目指してテーザーを始めようという方、一時セーリングから離れていたがテーザーに戻ってこようという方のイベント等への参加をサポートする、“ウェルカム・キャンペーン”を行っています。テーザーに関心のある方はjta-information@tasarjapan.orgまでご連絡をお願いします。

15.05.01_1st
スプリングレガッタ優勝、佐藤・村岸組

15.05.01_2nd
2位の田中夫妻組

15.05.01_3rd
3位、石川・泉組。石川選手は関西在住にも関わらず、7回あった公式レースに皆勤出場し、テーザー・セーラー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました

15.05.01_TasarSpringRegattaResult
2015スプリングレガッタ成績表

◎日本テーザー協会
http://tasarjapan.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ