テッサロニキ470ワールド2日目。男子6チーム、女子1チームが決勝ゴールド進出

  • 12
  • Jul

 7月11日、厳しい暑さが続くギリシア・テッサロニキ。470ワールド2日目は予選最終日となり、10ノット程度の軽風で2レースおこなわれました。テッサロニキの軽風は大きなシフトが入り、スタートから上マークまでのシフトをうまくつかむことが必至のタクティカルなコンディションです。軽風ゆえに成績は荒れがちになりますが、ベテラン勢はさすがの安定感を見せています。(BHM編集部)

 日本チームは浮き沈みある1日になりました。470男子の高山大智/今村公彦は、リコール(失格)-27位で総合36位へダウン。また、神木 聖/疋田大晟は6-6位で19位へ上昇しました。12日から始まる決勝シリーズには、男子6チーム、女子の田中美紗樹/工藤彩乃が進出を決めました。

CH6I5063
フリートを従える神木 聖/疋田大晟(Yamaha Sailing Team Rev’s)。「軽風は手応えあるし船もよく走っている。この感覚を決勝へつなげていきたい」(神木)。photo by Junichi Hirai

テッサロニキ470級世界選手権成績 5レース終了時
男子 72艇
1. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTROM 5p
2. AUS Mathew BELCHER / Will RYAN 10p
3. AUT David BARGEHR / Lukas MAHR 10p
16. 土居一斗/木村直矢 36p
19. 神木 聖/疋田大晟 40p
27. 市野直毅/長谷川孝 54p
30. 今村 亮/外薗潤平 59p
32. 磯崎哲也/高柳 彬 60p
36. 高山大智/今村公彦 62p
37. 出道耕輔/中川大河 64p
41. 小泉颯作/野田友哉 68p

女子 60艇
1. GBR Hannah MILLS / Eilidh MCINTYRE 6p
2. SLO Tina MRAK / Veronika MACAROL 8p
3. POL Agnieszka SKRZYPULEC / Irmina MROZEK GLISZCZYNSKA 10p
20. 田中美紗樹/工藤彩乃 37p
37. 宇田川真乃/関 友里恵 67p
44. 林 優季/西代 周 77p
48. 山本佑莉/斎藤由莉 82p

CH6I3985
女子チームは全員はじめてのワールド参加です。日経大を卒業したばかりの山本佑莉と斎藤由莉(早稲田大在学)は、今春より鳥取県境港で活動を開始しました。photo by Junichi Hirai

CH6I3823
今春、明海大を卒業した林 優季と立命館大卒業の西代 周による新チーム。両選手は明海大学に所属してオリンピックを目指します。photo by Junichi Hirai

CH6I4207
田中美紗樹(早稲田大)と工藤彩乃(日本大)の現役ヨット部チーム。大会2日目は2-4位で総合20位でゴールドフリート進出を決めました。photo by Junichi Hirai

CH6I4238
ヤマハ女子チームとして活動する宇田川真乃/関 友里恵。今年は海外遠征を経験して実力を上げてきていますが、テッサロニキのシフトになかなか合わせられません。photo by Junichi Hirai


大会2日目ダイジェスト

◎テッサロニキ470級世界選手権
http://2017worlds.470.org/
◎470世界選手権フォトギャラリー(BHMフェイスブック)
https://www.facebook.com/bulkheader

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ