ソフトバンクチームジャパン3位獲得!アメリカズカップワールドシリーズ・シカゴ

  • 13
  • Jun

 6月11、12日、アメリカ・シカゴで「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」が開催されました。大会前日のプラクティスでは、沈艇も出る激しいレースとなりましたが、11日は風弱くキャンセル、12日は3レース実施され、ソフトバンク・チームジャパンは、チーム初となる3位を獲得しました。次回、ワールドシリーズは7月23、24日に開催される英ポーツマス大会です。(BHM編集部)

m1727_rp160610-lvacwscd0-2197
プラクティスレースで豪快にキャプサイズするチームニュージーランド。同じくオラクルチームUSAも沈していました。photo by Ricardo Pinto

m1729_rp160610-lvacwscd0-1569
ソフトバンク・チームジャパン。レース初日がキャンセルされたため、プラクティスレースの成績がポイントにつきました。「最初からプラクティスを正式レースにすれば?」と考えますが、商業的な理由があるのでしょう。理解するにはむずかしい得点方式です。photo by Ricardo Pinto

m1730_rp160610-lvacwscd0-2457
豪快に走るソフトバンク・チームジャパン。日本選手は早福総監督が乗艇しています。photo by Ricardo Pinto

m1753_rp160611-lvacwsc-6014-live
期間中、アメリカズカップを見ようと陸上から20万人以上、海上は1600艇のプレジャーボートが観戦しました。photo by Ricardo Pinto

m1786_rp160612-lvacwscd2-3776
エミレーツ・チームニュージーランドのピーター・バーリング(NZL)。アルテミスのネイサン・アウタリッジ(AUS)とも49er級、モス級のワールドチャンプです。実はふたりとも元470乗りでしたが大成せず、クラスを変更して躍進することになりました(バーリングは北京五輪NZL470級代表クルーです)。両選手ともオリンピック49er級代表ですが、ロンドン後はピーター・バーリングの独断場となっています。ネイサンが勝つのを久々に見ました。photo by Ricardo Pinto

m1784_rp160612-lvacwscd2-7683
優勝のアルテミスレーシング。ネイサン・アウタリッジ、イアン・パーシー(GBR)といったロックスターが乗り込みます。photo by Ricardo Pinto

アメリカズカップワールドシリーズ第6戦シカゴ大会 成績
1. Artemis Racing 61p
2. Land Rover BAR 58p
3. SoftBank Team Japan 56p
4. Emirates Team New Zealand 53p
5. ORACLE TEAM USA 49p
6. Groupama Team France 40p

アメリカズカップワールドシリーズ総合成績
1. Emirates Team New Zealand 295p
2. Land Rover BAR 285p
3. ORACLE TEAM USA 285p
4. Artemis Racing 262p
5. SoftBank Team Japan 259p
6. Groupama Team France 234p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
海快晴
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ