スポーツボートクラスルールで行わる「ORCスポーツボート・ヨーロッパ選手権」

  • 02
  • Apr

 いま日本のクルーザーレーティングは、IRCレーティングとORCレーティング、そして地域やクラブレース単位で独自に作られる簡易レーティングに分けられています。日本セーリング連盟はIRCを推奨し、実際に国内のジャパンカップやミドルボート選手権、パールレースなどでは、IRCレーティングが採用されています。ただし、公平性が高いと言われるORCは世界的に人気で、世界選手権も開催され、毎年各国から約200艇が集まるビッグイベントとなっています。日本ORC協会よりORCスポーツボートクラスルールを使った国際大会の案内が届きましたので紹介します。(BHM編集部)

15.04.02_01
5月、ハンガリー・バラトン湖でORCスポーツボート・ヨーロッパ選手権が開催されます

ORCスポーツボート・ヨーロッパ選手権のご案内

 5月19日から24日、ハンガリー・バラトン湖で「ORCスポーツボート・ヨーロッパ選手権」が、ORCスポーツボートクラスルールを採用して開催されます。適用ルールは全長が6〜9m、艇重量はメジャーメントトリムで2000kg以内、さらにディスプレースメント重量比4.50以内と規定されています。(文/日本ORC協会)

 広範囲のカスタムデザイン、並びにハイスピードプロダクション艇が含まれますが、代表的艇種ではメルジェス24、GP26、エリオット770、LongtzePremior’s、オープン800などが参加し、Adrian Konnendijk’sの新設計Lutra25、Bruce Farr、Reichel/Pugh、George Elliott、BobAmes、Jerne Jakopin、Doug Peterson、Andrej Justin,など多くのデザインが含まれています。

 全ての参加艇はORCクラブ証書を取得し、最新のスポーツボートデザインの参加に加えてセーリングタレントには、470級のオリンピック選手も加わるようです。クルーの参加条件には50%以上が、ISAFグループ1アマチュアが条件で、ハイレベルのレースが期待されます。3月末ですでに7か国31艇がエントリーしていますが、さらに参加が増える事が見込まれます。

 レースは最初の2日間が計測とプラクティスレース、21日コースタルレース、22〜23日インショア・レース。総合でヨーロッパ・スポーツボートチャンピオンシップが争われます。

 日本でもこのクラスのレースが盛んになってきている今日この頃です、こんなレースがあれば、更に若いセーラーを取り込むスポーツボートの世界が広がるのではないでしょうか。

ORC Sportboat European Championship
http://orcsportboateuropeans2015.byc.hu/

日本ORC協会
http://www.orcan.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ