スター選手がトップ10に勢揃い。レーザーラジアル世界選手権5日目

  • 19
  • Apr

 4月18日、メキシコ「レーザーラジアル級女子世界選手権」5日目。世界選手権は後半戦、決勝フリートに入り、土居愛実は上位グループのゴールドフリートで戦います。大会5日目は2レースおこなわれ、総合7位を保守するに留まりました。また、トップはオランダのマリット・ボウミスタからイギリスのアリソン・ヤングに交代しました。(BHM編集部)

7Z7A2084
大会5日目を10-14位で総合7位を保守した土居愛実。メダルに絡むには明日決勝2日目の戦いが重要になります。photo by Junichi Hirai

 風向が安定せず、約2時間の海上待機後、第1レースは7ノット程度でスタートましたが、風が大きく右へと振ってしまい、一部の上位選手が大きく崩します。第2レースでは風が13ノットまであがり、本シリーズで最もエキサイティングな内容となりました。

 決勝シリーズが始まり、上位の顔ぶれはほぼ固まりました。トップ10を冷静にみてみると、ほとんどの選手がロンドン五輪の代表選手なのが分かります。6位のカナダ、9位のアメリカが新世代といえますが、レーザーラジアル界でも「4年以上の継続活動組」が元気です。

 反対に、アイルランドのアナリース・マーフィ(ロンドン五輪4位)や中国のドンシャン・チャン(アジア大会1位)ら実力選手が、シルバーフリート落ち(予選落ち)していることから、ボーダーライン上では実力差の少ないシビアな戦いがおこなわれているのが分かります。

 以前バルクヘッドマガジンのコラムで書きましたが、いまのオリンピックは、選手のプロ化が進んでいるために、4年間で結果を出すことがむずかしくなっています。これは、リオ五輪から新採用される49erFX級、ナクラ17級以外の全ての種目にあてはまることです。逆説的に言えば、49erFX級、ナクラ17級は、ロンドン後、全員が同じスタートラインで始められたという点で、他クラスに比べてチャンス種目だったといえます。

 ヨットレースは風(自然)に左右される競技と言われています。しかし、メダルを狙う選手は、どんな状況になっても勝てるための、独自のスタイルを追求し、ストイックなトレーニングを積んでいます。これを4年以上を費やすのですから、肉体的にも精神的にもタフでなければできません。

 日本は土居の活躍があり、いま国際大会で上位で戦う力を身に着けています。残念なのは、本ワールドに日本から彼女しか出場していないこと。これは日本セーリング連盟が、東京五輪の後のことを想定していないからかもしれません(東京五輪の戦いはすでに始まっているので)。各国では、2016年の世界選手権に2024年のオリンピックを狙う次世代選手が出場しています。

 レーザーラジアル世界選手権は20日まで開催されます。残り2日間の土居愛実の戦いに注目しましょう。

◎レーザーラジアル級女子世界選手権 大会5日目成績 参加71艇
1. Alison Young GBR 27.0p
2. Marit Bouwmeester NED 28.0p
3. Paige Railey USA 33.0p
4. Gintare Volungeviciute Scheidt LTU 34.0p
5. Anne-Marie Rindom DEN 37.0p
6. Brenda Bowskill CAN 54.0p
7. 土居愛実 JPN 58.0p
8. Lijia Xu CHN 63.0p
9. Erika Reineke USA 66.0p
10. Sara Winther NZL 66.0p

◎Laser Radial Women’s World Championship 2016
http://laserworlds2016.org/

7Z7A1281
2時間の風待ちの間に4回のマーク上げ下げする上マークボート。ヒッチマークもセットなので、スタート前だけで合計8回上げ下げしましました。全部ひとりで。シビレます。photo by Junichi Hirai

7Z7A1455
ハイレベルになるゴールドフリートの戦いは、集団で上マークを短時間で回航していきます。photo by Junichi Hirai

7Z7A1861
アジア大会、ISAFワールドカップ青島大会金メダルの実力選手ドンシャン(中国)はシルバーフリートへ。photo by Junichi Hirai

7Z7A2012
マリット・ボウミスタ(NED)。言わずと知れたラジアル界の女王ですが、オランダは次世代選手も成長していて、彼女を突き上げています。photo by Junichi Hirai

7Z7A2258
トップに立ったアリソン・ヤング(GBR)。初のワールドチャンピオンを狙います。photo by Junichi Hirai

7Z7A2328
リオ五輪アメリカ代表にきまっているペイジ・ライリーは3位に。アメリカも次世代選手(エリカ・ライニキ)が迫ってきています。photo by Junichi Hirai

7Z7A2687
プレスボートで「日本でペリカンって見ないんだよね」というと「マジで?」と驚かれました。沖ではシイラがよく釣れて食べるそうで「日本人ってシイラを食べないんだよね。よく釣れるけど」というと「マジで?」と驚かれました。photo by Junichi Hirai


大会5日目ダイジェスト映像

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ