コースに360度回転、強制「沈」もあり。西宮ジャパン・オープンビックカップ開催!

  • 13
  • Apr

 3月31日〜4月2日の3日間、西宮市御前浜、香櫨園浜沖で開催された「ジャパン・オープンビックカップ2017」に、2010年の第1回大会以来最多となる39名のエントリーがあった。北海道、神奈川、滋賀、大阪、兵庫、愛媛の参加者は4グループに分けられ、協会が提供する20艇のチャーター艇を乗りまわす方式でおこなわれた。(レポート・写真/ジャパン・オープンビックカップ2017実行委員会)

170413_image005
西宮で開催されたジャパン・オープンビックカップ。ボートを乗りまわし全18レース実施された

 初日は一日を通して雨が降り続き、2〜4m/sの風(北北東)で6レースを実施。ここ数日の冷え込みによりリタイアする選手も見られた。
 
 2日目の早朝には、六甲山の山頂が雪化粧するほど冷え込んだ。しかし、第1レースをスタートする頃には晴れ間が見え、2〜4m/sの風(北北東)で6レースを実施。
 
 3日目は、朝の冷え込みが続いたものの一日を通して晴れ間が見え、3〜6 m/sの風(北〜北東〜南)で6レースおこなわれた、シリーズとして18戦の全日程を終えた。

 3日間を通して南北に風の振れが大きい中、選手たちは変幻自在ともいえるコースに果敢にチャレンジした。また、オープンビッククラス独特である強制的な360度の回転、沈などもコースの中に取り入れられた。

170413_image009
ジャパン・オープンビックカップのコースでは360度回転したり、沈させたりする変形コースを採用

 レースの結果より、各シリーズ7名、計21名をオープンビック世界選手権2017(本年7月、イタリア・ガルダ湖で開催)に日本代表として推薦することになった。さらに、ウイナーである抜井理紗選手(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)を招待派遣選手として選出した。

 また、今回のレースでは各地から保護者の方々が見学に来られ、西宮浜、御前浜香櫨園浜、芦屋浜が囲む三角水域で実施されたため、“見えるヨットレース”が実現した。

170413_image019
ジャパン・オープンビックカップは岸から見えるヨットレース

170413_image021
Under13成績(2017年12月31日時点で2005年から2007年生まれ)
優勝 抜井 咲(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)
2位 原 弐一(江ノ島ちょっとヨットジュニア)
3位 岩田宗磨(江ノ島ちょっとヨットジュニア)

170413_image023
Under17成績(2017年12月31日時点で2001年から2004年生まれ)
優勝 抜井理紗(B&G兵庫ジュニア海洋クラブ)
2位 嶋倉照晃(真野浜セーリングクラブ)
3位 勝部しずく(室蘭セーリング協会)

170413_image025
OPEN(17歳以上または8歳以下)
優勝 鵜野 響(室蘭セーリング協会)
※OPENディビジョンはエントリー数が少なかったため、優勝者のみの表彰となった。

20170402JOBC2017result
ジャパン・オープンビックカップ2017成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ