オーフスに風吹かず。ベネッセ吉田・吉岡、リオ五輪出場を確実に

  • 04
  • Jul

 7月3日、リオ五輪日本代表選考「470ヨーロッパ選手権」5日目。決勝シリーズ最終日は、風が弱めの予報からスタート時刻をはやめられました。しかし、二度出艇してレース海面へ出ましたが、風は弱くハーバーバック。長い長い陸上待機となりました。その後、風は吹くことはなく、大会5日目のレースは全てキャンセルされました。(BHM編集部)

 決勝シリーズはこれで終了となり、前日の成績上位10艇がメダルレース進出となります。それ以外となるゴールドフリート10位以下とシルバーフリートのレースはおこなわれません。

 この時点で、470級女子の吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセ)がリオ五輪日本代表を事実上確実としました。12位の吉田/吉岡はメダルレースに出場しませんが、現在10位の山口祥世/畑山絵里(ノエビア)が獲得可能な上位成績を取っても、吉田/吉岡を逆転できない得点差となりました。日本セーリング連盟からの正式なリリースは、最終成績が確定した後に発表されます。

15.07.03_4J5A3330
陸上待機の後、レースキャンセルのフラッグがあがり、吉田/吉岡のリオ五輪代表が確定しました。詳細は明日お伝えします。photo by Junichi Hirai

470級ヨーロッパ選手権 5日目 女子成績 参加48艇
ゴールドフリート
1. NZL Jo Aleh / Polly Powrie 15p
2. FRA Camille Lecointre / Helene Defrance 39p
3. SLO Tina Mrak / Veronika Macarol 39p
4. USA Anne Haeger / Briana Provancha 47p
5. GBR Sophie Weguelin / Eilidh McIntyre 49p
6. GER Annika Bochmann / Marlene Steinherr 51p
7. GER Nadine Boehm / Ann-Christin Goliass 55p
8. ESP Marina Gallego / Fatima Reyes 56p
9. NED Afrodite Kyranakou / Anneloes Van Veen 60p
10. JPN 山口祥世/畑山絵里 63p
12. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 64p

最終メダルレースで決着!スリーボンドvsチームアビーム

 男子のメダルレースには、7位で松永鉄也/吉田雄悟(スリーボンド)、9位で土居一斗/今村公彦(チームアビーム)が進出します。日本代表は第一次選考のポイントと、本大会のポイントを合わせた総合点で競われます。持ち越し5点のアドバンテージを持って優位に立つのは松永/吉田。土居/今村が日本代表になるためには最終順位で逆転し、さらにJSAFの規定するポイントで5点差をつけなければなりません。ポイントの計算式は、JSAFオリンピック強化委員会ウエブサイトに掲載されている得点算出方法(PDF)を御覧ください。

第一次選考で取得したポイント数
松永鉄也・吉田雄悟 102点
土居一斗・今村公彦 97点

 逃げる(抑える)スリーボンド。対して彼らを追い越さなければならないチームアビームは難しい状況に違いありません。しかし、ここで明確な予想など出せるわけはなく、最後に何があるかわからないのが、ヨットレースであり日本代表選考です。明日のメダルレースは女子が12時から(日本時間19時)。続いて男子がおこなわれます。470級男子の最後の戦いを見守りましょう。

470級ヨーロッパ選手権 5日目 男子成績 参加60艇
ゴールドフリート
1. GER Ferdinand Gerz / Oliver Szymanski 39p
2. USA Stuart Mcnay / David Hughes 43p
3. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 51p
4. AUS Mathew Belcher / Will Ryan 52p
5. RUS Pavel Sozykin / Denis Gribanov 60p
6. GBR Luke Patience / Elliot Willis 66p
7. JPN 松永鉄也/吉田雄悟 69p
8. FRA Sofian Bouvet / Jeremie Mion 70p
9. JPN 土居一斗/今村公彦 78p
10. ARG Lucas Calabrese / Juan De La Fuente 79p

27. JPN 市野直毅/長谷川孝 127p
シルバーフリート
15. JPN 飯束潮吹/八山慎司 146p

15.07.03_4J5A3264
陸上待機時間を使っておこなわれたRRS42条に関するルール講習会。選手から質問が飛び出し白熱していました。photo by Junichi Hirai

15.07.03_4J5A3282
短い夏を楽しむデンマークの若者。数日前までダウンコートが必要だったなんて嘘のようです。photo by Junichi Hirai

15.07.03_4J5A3367
海面の風はまだら模様。吹き出すかと思われましたが、鏡の海が広がりました。陸上のフラッグも風になびかず。photo by Junichi Hirai

15.07.03_4J5A3349
メダルレース出場選手以外はヨーロッパ選手権終了です。早々に帰り支度をはじめました。あっけない幕切れですが、これもヨットレースです。photo by Junichi Hirai

◎470European Championship
http://2015europeans.470.org/en/default/races/race
◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
https://www.facebook.com/bulkheader

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ