オーストラリア、ニュージーランドが金獲得

  • 11
  • Aug

 ロンドン五輪12日目は、470級男女のメダルレースがおこなわれました。10ノット前後の微軽風のメダルレースは、海面こそ穏やかですが、選手たちの緊張が伝わってくるほどの緊迫したレースとなりました。男子はオーストラリア、女子はニュージーランドが金メダルです。(BHM編集部)

 このメダルレースでは、男女とも上位2艇による金メダル争奪戦に注目が集まりました。男子のオーストラリアとイギリスは4点差、女子のニュージーランドとイギリスは同点でメダルレースに挑み、先にフィニッシュしたほうが勝ちという内容となりました。ライブ中継で観戦していたファンは多かったことでしょう。スタート5分前のマニューバに始まる牽制。アップウインドのコース選択、ダウンウインドの逆転劇、タッキングマッチ。特に男子は、ヨットレースの魅力を詰め込んだメダルレースとなりました。

 470男子メダルレースの結果、1位オーストラリア、2位イギリス、3位アルゼンチン。女子は1位ニュージーランド、2位イギリス、3位オランダ。ここに日本がいないのは残念ですが、終わってみれば、順当な顔ぶれがメダルを獲得したことになります。個人的には、北京オリンピック後にキャンペーンをはじめたニュージーランドのアレ/パウレ、ミルズ/クラークが、北京五輪のメダル組のオランダ、オーストラリア、ブラジルを抑えたのは印象的でした。470は、ロンドン五輪で名実ともに世代交代が完了した、というところでしょうか。

 ロンドン五輪セーリング競技は、マッチレース種目を残してレースを終えています。マッチは準決勝がおこなわれ、オーストラリアとスペインが決勝進出。もし、オーストラリアが金メダルを獲得すると4つ目となり、北京五輪でイギリスが獲得した金メダル数に並びます。主催国のイギリスの金メダルは1個のみ。ロンドン五輪で金メダル大量獲得を目指してきたイギリスには残念な結果になっています。


470級男子金メダルの(写真左から)ベルチャー、コバレンココーチ、ページ。金メダル請負人のコバレンコがまたしても金メダルです


スタート直前、オーストラリアのオーバーラップをはずして先行スタートしたイギリスは、オーストラリアと並んで1上マークへ。先行して回航しますが、ダウンウインドのシフトで逆転。イギリスはクロアチアを挟んで3位でフィニッシュしました


470女子金メダルのアレ/パウレ。アレは北京五輪でレーザーラジアル級代表で出場しました。ニュージランドはオールラウンドの風で走る実力派です。クルーのパウレは昨年春に自転車事故で休養、アレは今年5月の世界選手権で顔面大怪我していたので、BHM編集部的には「事故によく遭っている」印象のあるチームです。ニュージーランドは本大会初の金メダル。470級女子としては、バルセロナ五輪の銀に次ぐメダルです


銅メダルはオランダ。得意な風(強風)で確実にポイントを取り、苦手の軽風でもがまん、がまんでしのぎました。オランダは2大会連続のメダルです


イギリスは男子、女子ともに銀メダルを獲得。女子のミルズ(24歳)はベテランのクラークと組んで急成長(とはいえOP、420で成績を残してきた同国のホープでした)。3年前、彼女たちのメダルは誰も予想できなかったでしょう。男子のペイシャンス(26歳)/ビテル(25歳)はGBRの激戦選考を勝ち抜いた伸びざかり。リオ五輪の活躍も期待されます


着艇後、ボートを神輿に担がれるニュージーランド女子


女子マッチレースはスペイン、オーストラリアがファイナルへ勝ちあがりました


470男子メダルレース・ダイジェスト


470女子メダルレース・ダイジェスト

◎470級男子 参加27艇
1. AUS Mathew Belcher / Malcolm Page 22p
2. GBR Luke Patience / Stuart Bithell 30p
3. ARG Lucas Calabrese / Juan de la Fuente 63p
4. ITA Gabrio Zandonã / Pietro Zucchetti 72p
5. NZL Paul Snow-Hansen / Jason Saunders 86p
6. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 87p
7. FRA Pierre Leboucher / Vincent Garos 90p
8. POR Álvaro Marinho / Miguel Nunes 93p
9. AUT Matthias Schmid / Florian Reichsteaedter 107p
10. SWE Anton Dahlberg / Sebastian Östling 123p
18. 原田/吉田 19-12-(25)-12-7-11-21-17-17-15 131.0p

◎470級女子 参加20艇
1. NZL Jo Aleh / Olivia Powrie 35p
2. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 51p
3. NED Lisa Westerhof / Lobke Berkhout 64p
4. FRA Camille Lecointre / Mathilde Geron 65p
5. ITA Giulia Conti / Giovanna Micol 73p
6. BRA Fernanda Oliveira / Ana Luiza Barbachan 75p
7. AUS Elise Rechichi / Belinda Stowell 83p
8. GER Kathrin Kadelbach / Friederike Belcher 84p
9. USA Amanda Clark / Sarah Lihan 98p
10. ESP Tara Pacheco / Berta Betanzos 101p
14. 近藤/田畑 9-4-17-19-11-9-13-(21)-13-8 103p


マッチレース成績。オーストラリアがフィンランドを、スペインがロシアを破って決勝へ進出しました。本日11日メダルレースです

49er級 参加20艇
1. AUS Nathan Outteridge / Iain Jensen 56.0p
2. NZL Peter Burling / Blair Tuke 80.0p
3. DEN Allan Norregaard / Peter Lang 114.0p
4. AUT Nico Delle – Karth / Nikolaus Resch 118.0p
5. GBR Stephen Morrison / Ben Rhodes 124.0p
6. FRA Manu Dyen / Stéphane Christidis 127.0p
7. FIN Lauri Lehtinen / Kalle Bask 129.0p
8. POR Bernardo Freitas / Francisco Rebello De ANDRADE 134.0p
9. ITA Giuseppe Angilella / Gianfranco Sibello 148.0p
10. SWE Jonas von Geijer / Niclas Düring 153.0p
18. 牧野/高橋 16-13-17-14-(18)-11-18-16-18-18-14-15-6-2-10 188.0p

RS:X級男子 参加38艇
1. NED Dorian Van Rijsselberge 15.0p
2. GBR Nick Dempsey 41.0p
3. POL Przemyslaw Miarczynski 60.0p
4. GER Toni Wilhelm 64.0p
5. FRA Julien Bontemps 70.0p
6. GRE Byron Kokalanis 77.0p
7. NZL Jon-Paul Tobin 96.0p
8. CAN Zachary Plavsic 100.0p
9. BRA Ricardo Santos 113.0p
10. SUI Richard Stauffacher 127.0p
28. 富澤慎 25-25-25-29-24-26-(34)-30-21-4 209.0p

RS:X級女子 参加26艇
1. ESP Marina Alabau 26.0p
2. FIN Tuuli Petäjä 46.0p
3. POL Zofia Noceti-Klepacka 47.0p
4. UKR Olga Maslivets 48.0p
5. GER Moana Delle 51.0p
6. ISR Lee-El Korzits 56.0p
7. GBR Bryony Shaw 59.0p
8. FRA Charline Picon 89.0p
9. ITA Alessandra Sensini 95.0p
10. CAN Nikola Girke 109.0p
21. 須長由季 19-23-22-22-22-(24)-22-20-18-12 180.0p

レーザー級 参加49艇
1. AUS Tom Slingsby 43.0p
2. CYP Pavlos Kontides 59.0p
3. SWE Rasmus Myrgren 72.0p
4. CRO Tonci Stipanović 77.0p
5. NZL Andrew Murdoch 87.0p
6. GER Simon Grotelueschen 92.0p
7. GBR Paul Goodison 93.0p
8. URU Alejandro Foglia 106.0p
9. GUA Juan Ignacio Maegli Aguero 108.0p
10. FRA Jean Baptiste Bernaz 119.0p

レーザーラジアル級 参加41艇
1. CHN Lijia Xu 35.0p
2. NED Marit Bouwmeester 37.0p
3. BEL Evi Van Acker 40.0p
4. IRL Annalise Murphy 44.0p
5. GBR Alison Young 60.0p
6. LTU Gintare Volungeviciute Scheidt 82.0p
7. FIN Sari Multala 94.0p
8. USA Paige Railey 104.0p
9. CZE Veronika Fenclova 105.0p
10. MEX Tania Elias Calles 116.0p
32. 土居愛実 29-32-31-27-26-(36)-30-22-27-29 253.0p

フィン級 参加24艇
1. GBR Ben Ainslie 46.0p
2. DEN Jonas Hogh-Christensen 46.0p
3. FRA Jonathan Lobert 49.0p
4. NED Pieter-Jan Postma 52.0p
5. CRO Ivan Kljakovic Gaspic 55.0p
6. SLO Vasilij Zbogar 63.0p
7. NZL Dan Slater 83.0p
8. ESP Rafa Trujillo Villar 86.0p
9. SWE Daniel Birgmark 90.0p
10. FIN Tapio Nirkko 92.0p

スター級 参加16艇
1. SWE Fredrik Loof / Max Salminen 32.0p
2. GBR Iain Percy / Andrew Simpson 34.0p
3. BRA Robert Scheidt / Bruno Prada 40.0p
4. NOR Eivind Melleby / Petter Morland Pedersen 63.0p
5. NZL Hamish Pepper / Jim Turner 70.0p
6. GER Robert Stanjek / Frithjof Kleen 70.0p
7. USA Mark Mendelblatt / Brian Fatih 71.0p
8. POL Mateusz Kusznierewicz / Dominik Zycki 72.0p
9. FRA Xavier Rohart / Pierre-Alexis Ponsot 86.0p
10. IRL Peter O’Leary / David Burrows 95.0p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ