エキサイティング!メルジェスワールド初日

  • 26
  • Sep

 9月25日、アメリカ・ニューポートでメルジェス32世界選手権がはじまりました。今回のエントリーは33艇。昨年のマヨルカ大会(29艇)よりも多い過去最大の世界選手権になっています。最多出場国は、地元アメリカ(19艇)、続いて日本(6艇)、イタリア(4艇)、ほかスイス、バミューダ、英ヴァージンアイランド、スウェーデンからも出場しています。(BHM編集部)


25日に開幕したメルジェス32世界選手権。世界各国から33艇の精鋭が出場します。photo by Junichi Hirai

 朝から晴れ渡るニューポート沖の風は20ノット前後。波も悪く、オーバーパワーコンディションです。この風域のダウンウインドでは艇速20ノット前後に達するエキサイティングな走りが期待できます。初日から刺激的な世界選手権の幕が開けました。メルジェス32による33艇の強風スタートは圧巻。ヘルムスマンがアマチュア/オーナーに制限されていることからも、二倍の緊張が伝わってきます。

 メルジェス32という艇種は、アップウインドのスピードはそれほど魅力的ではありません。艇速は7ノット程度でワンデザインらしく、艇速差は一部の艇を除いてそれほど変わりません。メルジェスの醍醐味はダウンウインドのセーリングにあります。加速と波を切って走るスピードは武者震いするほどで、ほぼ全員がスターンに移動してバランスをとります。バウを浮かさなければバウポールが波に突き刺さってしまうからです。

 また、もうひとつの刺激は、マークラウンディングといえるでしょう。ジャイブとマークアプローチ、ジェネカーダウンは、クルーワークの見せ場。毎回トップを走っていれば、きれいに決まるのが当たり前ですが、集団の大混雑のなかでタイミングを間違えると、トラブルや衝突・接触など取り返しのつかないことになります。とにかくメルジェスの強風レースは刺激的なのです。

 さて、メルジェスワールド初日は強風下で2レースを消化しました。日本勢はよいところもあれば、悪いところもあり、という風で、〈マンマユート!〉の12位が最高順位となっています。

「まだ、身体が慣れていませんね。もうちょっと速く走らせられるはずです。コースは良かったが、かなり際どい交差もあって刺激的な1日でした。チームはよくまとまっているし、スペイン選手も明るくていいムードです」(亀井直文ヘルムスマン/マンマユート!)

 〈マンマユート!〉は昨年秋からスペインを中心に欧州レースに出場。乗艇メンバーは、亀井直文ヘルムスマンとメインセールトリマーの山田寛をのぞいて、スペイン選手5名、イギリス選手1名という構成です。ヘッドセールトリマーに40歳でTP52アウディセーリングチームに乗るJuan Meseguerを起用していますが、タクティシャンのManuel Weillerをはじめ、20代、30代が中心の若手チームです。今季は、メルジェス32のヨーロッパ遠征のなかでチームワークを強化し、ヨーロッパ選手権4位の結果を残しています。

 そのほか日本チームの成績は、〈スウィング〉16位、〈夜叉侍〉23位、〈エスメラルダ〉25位、〈ケットフィーク〉31位となっています。また、〈スレッド〉は、第1レースの1下マーク付近で、バウポールが先行艇に接触し、大きく折れ曲がりリタイアすることになりました。〈スレッド〉は、すぐにハーバーへ戻り、予備のバウポールと交換して再出艇しましたが、レースに間に合わずに第2レースをキャンセル。トラブルに泣いた初日となりました。

 明日は25ノット前後の風が吹く予報です。刺激的なメルジェス32を十分に連日で満喫できそうです。

2012 Melges 32 World Championship
1. Pisces 4-1 5p
2. Goombay Smash 3-3 6p
3. Bombarda 1-6 7p
4. Torpyone 8-4 12p
5. Hedgehog 5-7 12p
6. Mascalzone Latino 12-2 14p
12. Mamma Aiuto 16-10 26p
16. Swing 15-13 28p
23. Yasha Samurai 24-22 46p
24. Esmeralda 21-28 49p
31. Quetefeek 29-30 59p
33. SLED DNF-DNC 68p


メルジェス32はスタートからフィニッシュまで高速に展開します。レース時間は約1時間。photo by Junichi Hirai


日本勢で最高順位、12位の〈Mamma Aiuto〉。photo by Junichi Hirai


松永鉄也、吉田雄悟といった日本の470ヒーローが乗り込む〈Quetefeek〉。photo by Junichi Hirai


初日トップのPisces。photo by Junichi Hirai

◎2012 Melges 32 World Championship
http://www.nyyc.org/melges32worlds-sep20-29/

フェイスブック・バルクヘッドマガジンでも写真や小ネタ情報を発信しています。

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ