イタリア二連覇、チームレースはタイが優勝。2018オプティミスト級世界選手権成績

  • 07
  • Sep

 9月5日までキプロスで開催された「2018オプティミスト級世界選手権」の成績です。優勝はイタリアのMarco Gradoni選手が二連覇を達成、チームレースではタイが優勝しました。日本からは5選手が出場しましたが、ゴールドフリート進出は果たせませんでした。(BHM 編集部)


優勝のMarco Gradoni選手(ITA)。photo by Matias Capizzano

2018 IODA WORLD SAILING CHAMPIONSHIP 参加 全264艇
ゴールドフリート成績 66艇
1. ITA Marco Gradoni 11.0p
2. USA Stephan Baker 44.0p
3. THA Panwa Boonnak 48.0p
4. MLT Richard Schultheis 69.0p
5. USA Tommy Sitzmann 71.0p
6. GER Mic Mohr 75.0p
シルバーフリート 66艇
40. 北原頌子
ブロンズフリート 66艇
42. 池田海人
66. 磯辺壱心
エメラルドフリート 66艇
5. 黒田研一郎
16. 嶋倉照晃

チームレース成績
1. タイ
2. イタリア
3. スペイン

The 2018 Optimist World Championship
http://www.fnc2018.com/optimist/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ