アジア初開催、2018ハンザクラスワールドが広島で開幕!

  • 14
  • Oct

 10月15日、日本初、アジア初開催となる「2018ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップ」の開会式が広島市西区の広島観音マリーナに隣接する親水公園で行われました。(文/西朝子 ハンザワールド大会実行委員会)


選手宣誓する佐々木選手。photo by 2018HansaWorlds

 障がい者と健常者が一緒に楽しむことのできるセーリング競技、ハンザクラスワールドには過去最大となる今大会には、24カ国・地域から191人の選手とサポーターやボランティアなど約400人が参加しています。

 選手や関係者、来賓など約700人が参加した開会式は、地元・広島セイラビリティのメンバーである大和なゆたさんの開会宣言から始まりました。

 車椅子でステージに登場した大和さんは「私は体に重い障害があります。生きていくことに悲観していた時、普通の椅子にも座れない私をハンザは優しく包み込み海の楽しさを教えてくれました。新しい人生という贈り物をハンザは私にくれたのです。ハンザワールドを通じて、たくさんの人に人生の贈り物があることを祈っています」と開会を宣言しました。

 ソプラノ歌手・藤田真弓さんの迫力ある美声による国家独唱、主催者挨拶に続き行われたのが、リバティクラスに出場する広島セイラビリティの佐々木亮さんによる選手宣誓です。

「風が強かろうが、弱かろうが、雨が降ろうが文句を言わず、安全に楽しくセーリングすることを誓います」重度の障害を持つ佐々木さんは、ダブレットに文字を打ち込み自動音声で宣誓しました。

 レースは14日から始まります。

◎ハンザクラスワールド&インターナショナルチャンピオンシップ
http://2018hansaworlds.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ