ますます進化しています!蒲郡モス級スプリングレガッタ・レポート

  • 28
  • May

 5月26、27日に「モス級スプリングレガッタ」が開催されました。例年は神奈川県葉山港で行われていましたが、参加艇が固定化するため、今回は高橋選手のお世話で愛知県海陽ヨットハーバーで開催されました。(レポート/大西和彦)


蒲郡で開催されたモス級スプリングレガッタ。11艇が出場しました

 参加艇は11艇と少なかったものの、東は仙台から西は神戸からモス馬鹿が集合しました。初日は東6mの風、2日目は南8mの良い風に恵まれ、両日とも3レースが行なわれ各艇フォイリングを満喫しました。

 レース結果は後藤会長が全レーストップの完全優勝を果たしました。スタート直後から圧倒的なスピードと登り角度で独走を続けていました。2位、3位は全レースで接戦を繰り広げた高橋選手と新婚の勝本選手で争われ、僅差で高橋選手が2位、勝本選手が3位となりました。

 特筆すべきは今回初めてレースに参戦した行則選手。モスを始めて半年ですでにフォイルタックを成功させており、素晴らしい走りで5位に入りました。

 レース以外でも、「セールや艤装についての話」「改造作業している選手への言いたい放題のアドバイス」や「飲み過ぎの宴会」などで、参加者は和気あいあいと至福の時間を過ごしました。

 モス級ではフォイル、セール、艤装などがものすごい勢いで進化しています。その中でも最近はよりデッキに近い位置の風をうまく使うため、セールを低い位置で展開する方法が開発されて普及してきています。

 ブームの位置が低すぎて下をくぐれないため、くぐるスペースを確保するために曲げられたブームも参加艇の3分の2以上が使用。更にはブームの下にもセールを展開する最新のセールも3艇が使用し注目を集めていました。

 フォイリングモスは手軽に始められる船ではありませんが、その魅力にはまると抜け出すことができない覚醒剤に近い世界が開けます。速い遅いに拘わらず、各自が自分なりの最高のセーリングを楽しむことができます。

 次のレガッタは9月1、2日に浜名湖ビーチスマリーナの全日本選手権です。興味のある方は見に来られてはいかがでしょうか。

 最後になりましたが、大切な休日にも拘わらず運営をしてくださった豊田自動織機ヨット部の方にこの場を借りてお礼申し上げます。


優勝した後藤選手。わかりにくいですが曲がったブームの前3分の1位はブームの下までセールが伸びています


楽しく談話中のモスフリークス


75才にしてフォイリングを続けるレジェンド古谷選手。レースの合間にはメンテナンスの匠として、他の選手が自分でできない改造や修理をあっという間に片付けていました


2018モス級スプリングレガッタ成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ