きょうこちゃん募金、ありがとうございました。心臓移植手術後、元気に回復しています

  • 06
  • Jul

 みなさん、2014年にバルクヘッドマガジンで紹介して心臓移植手術をおこなった三輪響子(きょうこ)ちゃんのお母さんと、「きょうこちゃんを救う会」の浜崎さんからメールが届きました。きょうこちゃんは、2014年に特発性拡張型心筋症と判断され、アメリカで心臓移植手術をおこないました。母親の典子さんは、オリンピックを目指していたセーラーでもあり、バルクヘッドマガジンでも読者のみなさんに募金協力を呼びかけました。現在、きょうこちゃんの手術は成功し、元気に回復しています。(BHM編集部)

16.07.06_01
三輪響子ちゃん。心臓移植手術後、元気に回復。学校に通えるようになりました

セーラーのみなさま

 一昨年の11月に、元女子470級の選手であった三輪紀子さんの長女「きょうこちゃん(三輪響子ちゃん)」が特発性拡張型心筋症を患い、早急に心臓移植手術が必要となり、皆様に募金のご協力のお願いを申し上げました。(文・きょうこちゃんを救う会 副代表/シドニーオリンピック470級代表 浜崎栄一郎)

 全国のセーラーの皆様の思いにより翌年1月に渡米が実現し、無事手術が成功したこと、このバルクヘッドマガジンでもご報告申し上げました。

 響子ちゃんは昨年末帰国されて、現在見違えるように回復し学校にも通い始めたようです。

 改めて、ご協力を頂いた全ての方々に深く御礼を申し上げます。

 母親の典子さんからのメッセージを頂戴いたしましたので、皆様へご連絡申し上げます。

========== 典子さんからのメッセージ ==========

全国のセーラーのみなさまへ

紫陽花の美しい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

帰国のご報告が大変遅くなり申し訳ありません。

お陰さまで昨年11月に響子は無事に帰国を果たすことが出来、12月に13才の誕生日も迎える事が出来ました。

右足が不自由なため、徐々にでしたが今年から通学も始めまして、それが今では一日中学校に居る事が出来るまでに体力も付きました。

歩く距離も日々伸びています。

今年の夏休みには、浜辺の気持ち良い潮風にあたりに行けたら良いなあと思えるまでに娘は元気になりました。

このような娘と私たち家族の日常を取り戻して下さりました皆様に日々感謝しながら過ごしております。

娘を助けて下さり本当にありがとうございました。

末筆ながら皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

三輪 典子

◎バルクヘッドマガジン関連記事:
セーラーのみなさまへお願いがあります

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ