【W杯】470男子、市野/長谷川が3位で決勝メダルレースへ進出!

  • 03
  • Feb

 2月2日、ワールドカップシリーズ・マイアミ大会5日目の成績です。予選最終日となった注目の470級男子は3レースおこなわれました。市野直毅/長谷川孝(島精機製作所/横浜ゴムMBジャパン)は1-10-30位を取り、暫定3位で決勝メダルレースへ挑みます。(BHM編集部)


1位のスペインは日本470チームが冬期におこなっている沖縄座間味島の強化合宿にも参加しました

 470級男子のメダルレース直前の順位と得点差は、次のとおりです。

1. ESP 42.0p
2. SWE 46.0p
3. 市野直毅/長谷川孝 56.0p
4. HUN 57.0p
5. ITA 70.0p
6. USA 72.0p
7. CHN 81.0p
8. FRA 84.0p
9. 岡田圭樹/外薗潤平 97.0p
10. ISR 101.0p

 決勝レースとなるメダルレースは、短いコースが設定され、短時間の接近戦となります。得点が2倍となるのが特長で、1位には2点、2位には4点、3位は6点、、、10位には20点が加算されます。そのため展開がスピーディで総合順位も激しく入れ替わります。

 また、選手たちは得点を意識して戦うため、速い展開のなかに各チームの戦略が明確となるのも魅力です。最終レース前の得点をみると、市野/長谷川は1位まで−14点差、2位と−10点、4位と+1点、5位と+13点差です。

 市野/長谷川が1位になるには、彼らがトップフィニッシュ(2点加算)して、スペインが8位以下(16点加算)、スウェーデンが6位以下(12点加算)になることが条件。残念ながら可能性が高いとは言えません。

 4位のハンガリー(1点差)とは着順勝負となるため、絶対に前を走らせず、銅メダルを確実なものにしながら、スペイン、スウェーデンの動きを見ながら勝負をかける、という手もあるでしょう。

 メダルレースは全種目でライブ中継がおこなわれています。日本時間では深夜、もしくは早朝になってしまいますが、ぜひ応援してください。

◎World Sailing YOUTUBE(ライブ中継、再放送)
https://www.youtube.com/worldsailingtv


3位でメダルレースへ挑む市野/長谷川。2人は中村学園三陽高ヨット部の先輩後輩の関係で、長谷川は福岡大、市野は関西学院大で活躍しました。2016年、後輩である市野が社会人で一般的なクルーザー乗りだった長谷川を誘ってチーム結成。470経験・クルー経験のなかった長谷川は、そこから奮起して体重を大幅に絞り、トレーニングを重ねて世界と戦うまでに成長しました


メダルレースがおこなわれたRS:X男子では、上位艇が相次いでOCS(失格)。メダルレースでは珍しいことで、前日までのトップ3が全て入れ替わる波乱となりました

ワールドカップシリーズ マイアミ大会 5日目成績
470男子 参加37艇 9R終了時
1. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ 42.0p
2. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM 46.0p
3. 市野直毅/長谷川孝 56.0p
9. 岡田圭樹/外薗潤平 97.0p
14. 磯崎哲也/高柳 彬 112.0p
17. 土居一斗/木村直矢 122.0p
19. 高山大智/今村公彦 130.0p

470女子 参加28艇 9R終了時
1. GER Fabienne OSTER / Anastasiya WINKEL 52.0p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE 55.0p
3. GER Fabienne OSTER / Anastasiya WINKEL 56.0p
8. 吉田愛/吉岡美帆 75.0p
18. 宇田川真乃/工藤彩乃 116.0p
20. 林 優季/西代 周 127.0p

レーザーラジアル 参加59艇 10R終了時
1. CHN Dongshuang ZHANG 62.0p
2. USA Paige RAILEY 75.0p
3. GRE Vasileia KARACHALIOU 88.0p
16. 土居愛実 176.0p
49. 冨部柚三子 337.0p

フィン級 参加27艇 8R終了時
1. SWE Max SALMINEN 37.0p
2. FRA Jonathan LOBERT 41.0p
3. USA Luke MULLER 45.0p
26. 藤村裕二 165.0p

RS:X男子 参加54艇 最終成績
1. CHN Bing YE
2. POL Radoslaw FURMANSKI
3. FRA Pierre le COQ
28. 富澤 慎

RS:X女子 参加41艇 最終成績
1. CHN Yunxiu LU
2. ISR Katy SPYCHAKOV
3. FRA Charline PICON
17. 大西富士子
21. 伊勢田愛
24. 小嶺恵美
37. 松浦花咲実

HEMPEL WORLD CUP SERIES MIAMI
https://miami.ussailing.org/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ