【W杯】日本470男女が首位を保守。ワールドカップ・マイアミ2日目レポート

  • 25
  • Jan

 1月24日、マイアミで開催されている「ワールドカップシリーズ・マイアミ」。予選2日目は、軽風コンディションでおこなわれ、日本の470級の吉田 愛/吉岡美帆、市野直毅/長谷川 孝が首位を保守。連日トップに立っています。(BHM編集部)

00300125-374A1381
暫定トップに立つ吉田/吉岡。マイアミとは相性が良く、2015年大会で銅メダルを獲得しています。photo by Junichi Hirai

 風は初日の微風よりあるものの、予報よりあがることなく最大10ノット程度。シフトのあるトリッキーなコンディションでおこなわれました。

 トップの吉田 /吉岡、市野/長谷川だけでなく、日本選手の健闘が際立ちます。RS:X級女子の大西富士子は、首位から落ちたものの3位に。小嶺恵美は9位に位置しています。

 470級男子では、高山大智/今村公彦(6位)、磯崎哲也/高柳 彬(7位)、女子の宇田川真乃/関 友里恵(7位)はメダルレース圏内。

 また、49er級女子では、原田小夜子/永松瀬羅の4位を始め、波多江慶/板倉広佳(6位)、山崎アンナ/高野芹奈(9位)と奮闘しています。

 前半2日間までの日本チームの成績は、まずまずといえます。しかし、明日以降のマイアミは、一転して強風が予報されているため、レースの雰囲気はがらりと変りそうです。強風レースで日本選手がどこまで戦えるのか、注目しましょう。

00300125-CH6I0997
470級女子の出場選手のレベルは高く、リオ五輪金メダルのハンナ・ミルズ(GBR)の他、ワールドチャンプのポーランドや昨年に日本に来たジュニアワールド上位選手も出場。また、北京五輪銅メダルのオリビア・フェルナンダ(BRA)も復帰参戦しています。photo by Junichi Hirai

00300125-374A1577
今冬は豪ゴールドコーストで練習を積んだ高山大智/今村公彦。現在6位につけています。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I0849
強豪を従え首位を保守している市野/長谷川。ワールドカップや世界選手権で成績を上げてきているもののメダル獲得はまだありません。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I1071
成長著しい宇田川/関(7位)。昨年末の座間味合宿に参加してひとまわり成長しました。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I0920
昨年のW杯マイアミ大会で銀メダルを獲得した磯崎哲也/高柳 彬。後半戦の追い上げに期待です。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I1446
初日に1レースもできなかったRS:X級男子は3レースを実施しました。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I1366
レース直前から体調を崩している富澤 慎は現在37位。厳しい戦いが続いています。photo by Junichi Hirai

00300124-374A1196
49erFX級の原田小夜子/永松瀬羅は6レースを終えて4位へジャンプアップしました。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I0589
日本は出場していませんがフィン級には26艇が出場。現在ギリシアがトップです。photo by Junichi Hirai

00300125-374A2041
新型ナクラ17のスタートは、旧型ナクラと変わらず。片舷をあげてスローに進んでいきます。photo by Junichi Hirai

00300125-374A2204
飯束潮吹/畑山絵里(19位)はスタートから出遅れてしまう厳しい戦いです。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I1657
ナクラのレースが始まると、どこからともなくフォイリングカイトがあらわれて、ナクラと並走をはじめました。レース海面にもがんがん入っていくのですが、運営艇が呼び止めようにも速くて追いつけません。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I2190
ジェイソン・ウォーターハウス(AUS。リオ五輪銀メダル。元ソフトバンクチーム・ジャパン)を追うサンチャゴ・ランゲ(AUS。リオ五輪金メダル)。そのうしろにモスで並走するポール・グッディソン(GBR)。モスもフォイルカイトもレース海面をうろうろ。ナクラに戦いを挑んでいるようです。photo by Junichi Hirai

00300125-CH6I0537
撮影の合間に寄った桟橋(写真)は、ランサム・エバーグレイズ・アッパースクール(高校)で、授業にディンギーのカリキュラムがあり、学生たちが海でセーリングしていまいした。うらやましい。photo by Junichi Hirai

◎ワールドカップシリーズ・マイアミ
http://miami.ussailing.org/

ワールドカップシリーズ・マイアミ2日目成績
RS:X級女子 4R実施 参加33艇
1. ISR Noga GELLER 3.0p
2. RUS Stefania ELFUTINA 8.0p
3. 大西富士子 17.0p
9. 小嶺恵美 27.0p
22. 伊勢田愛 47.0p
23. 須長由季 48.0p

RS:X級男子 3R実施 参加48艇
1. SUI Mateo SANZ LANZ 2.0p
2. POL Pawel TARNOWSKI 4.0p
3. ESP Ivan PASTOR LAFUENTE 6.0p
37. 富澤 慎 65.0p

470級男子 4R実施 参加37艇
1. 市野直毅/長谷川孝 11.0p
2. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM 12.0p
3. GBR Luke PATIENCE / Chris GRUBE 13.0p
6. 高山大智/今村公彦 21.0p
7. 磯崎哲也/高柳 彬 23.0p
22. 土居一斗/木村直矢 50.0p
25. 小泉颯作/野田友哉 59.0p

470級女子 4R実施 参加33艇
1. 吉田 愛/吉岡美帆 7.0p
2. ESP Bàrbara CORNUDELLA RAVETLLAT / Sara LÓPEZ RAVETLLAT 8.0p
3. ESP Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO REINA 9.0p
7. 宇田川真乃/関 友里恵 25.0p
26. 林 優季/西代 周 70.0p

レーザー級男子 4R実施 参加70艇
1. AUS Tom BURTON 13.0p
2. GBR Nick THOMPSON 18.0p
3. NZL Thomas SAUNDERS 22.0p
64. 瀬川和正 141.0p

レーザーラジアル級女子 3R実施 参加68艇
1. LTU Viktorija ANDRULYTE 8.0p
2. ITA Valentina BALBI 10.0p
3. GRE Vasileia KARACHALIOU 11.0p
12. 土居愛実 24.0p

49erFX級女子 6R実施 参加21艇
1. GER Victoria JURCZOK / Anika LORENZ 9.0p
2. NOR Ragna AGERUP / Maia AGERUP 15.0p
3. AUT Tanja FRANK / Lorena ABICHT 24.0p
4. 原田小夜子/永松瀬羅 30.0p
6. 波多江慶/板倉広佳 34.0p
9. 山崎アンナ/高野芹奈 45.0p

ナクラ17級男女混合 6R実施 参加19艇
1. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 8.0p
2. GBR John GIMSON / Anna BURNET 17.0p
3. ITA Lorenzo BRESSANI / Cecilia ZORZI 19.0p
19. 飯束潮吹/畑山絵里 90.0p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ