【W杯】おめでとう!吉田 愛/吉岡美帆、470級女子で銅メダルを獲得

  • 29
  • Jan

 1月28日、ワールドカップシリーズ・マイアミ最終日。470級女子のトップ10による決勝メダルレースに進出した吉田 愛/吉岡美帆は、暫定4位から順位を上げ、銅メダルを獲得しました。本大会で日本唯一のメダル獲得です。(BHM編集部)

00300129-374A4198
レース終了後、表彰台(ウエットセレモニー)へあがる吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai

 マイアミ最終日は、レーザー男女、フィン、470男女のメダルレースがおこなわれました。最終日もよく風が吹き、選手たちは浅いマイアミ・ビスケイ湾特有の不規則な波と風に悩まされます。

 日本からは470級男子(磯崎哲也/高柳 彬)、女子(吉田 愛/吉岡美帆)、レーザーラジアル級(土居愛実)がメダルレースに進出しました。

 5位でメダルレースに進んだ土居愛実は、スタートで出遅れ、大きく挽回して5位フィニッシュするも順位変わらず。W杯初のメダル獲得は次回へ持ち越されました。

 また、これまで出場したW杯ですべてメダルレースに進出しているという磯崎哲也/高柳 彬は、10位から1つ順位をあげて総合9位へ。

 最終レースとなった470級女子は、風が徐々に落ちる展開で、スタート後に右海面へ伸ばした吉田/吉岡がシフトをつかんで3位で上マークを回航。その後、順位が激しく入れ替わりましたが、上位のオランダが最終順位となり逆転に成功しました。

 吉田/吉岡はリオ五輪前の2015年同大会でも銅メダルを獲得。リオ五輪後、初の海外遠征で銅メダル。さらに昨秋から吉田選手が復帰した後の国際大会から3大会連続のメダル獲得(2017年10月蒲郡W杯2位、10月江の島オリンピックウィーク3位)となりました。


470女子メダルレース(ライブ再放送)

00300129-CH6I9324
スタート直後、右海面のシフトを狙いに行く吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai

00300129-374A4204
遠征では選手に加えて、愛選手の夫・吉田雄悟(ロンドン五輪代表)がサポート。さらに生後7カ月のルイくんと愛選手のお母さんも同行する、心強いファミリーキャンペーンとなっています。photo by Junichi Hirai

00300129-CH6I9008
470級男子のメダルレーススタート。photo by Junichi Hirai

00300129-CH6I9123
少人数のメダルレースは得意な方だと思います、と話していた磯崎哲也/高柳 彬は総合9位にあげました。photo by Junichi Hirai

00300129-CH6I8833
レーザーラジアル級総合5位の土居愛実。photo by Junichi Hirai

00300129-CH6I8773
ラジアル優勝は強風で敵なしのアリソン・ヤング(GBR)となりました。photo by Junichi Hirai

00300129-374A3905
レーザー男子はリオ五輪金メダルのトム・バートンが圧勝です。photo by Junichi Hirai

◎YOUTUBEワールドセーリングチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCihBCFVwHKZT_jHc3Y3j8YA
◎ワールドカップシリーズ・マイアミ
http://miami.ussailing.org/

ワールドカップシリーズ・マイアミ 最終成績
470級男子 終了参加37艇
1. GBR Luke PATIENCE / Chris GRUBE 24.0p
2. FRA Kevin PEPONNET / Jeremie MION 51.0p
3. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM 57.0p
9. 磯崎哲也/高柳 彬 93.0p
12. 高山大智/今村公彦
15. 市野直毅/長谷川孝
17. 土居一斗/木村直矢
24. 小泉颯作/野田友哉

470級女子 終了 参加33艇
1. SLO Tina MRAK / Veronika MACAROL 37.0p
2. POL Agnieszka SKRZYPULEC / Irmina MRÓZEK GLISZCZYNSKA 54.0p
3. 吉田 愛/吉岡美帆 63.0p
17. 宇田川真乃/関 友里恵
25. 林 優季/西代 周

レーザーラジアル級女子 終了 参加68艇
1. GBR Alison YOUNG 71.0p
2. BEL Emma PLASSCHAERT 80.0p
3. DEN Anne-Marie RINDOM 87.0p
5. 土居愛実 91.0p
39. 冨部柚三子

レーザー級男子 終了 参加70艇
1. AUS Tom BURTON 51.0p
2. GER Philipp BUHL 68.0p
3. GBR Nick THOMPSON 69.0p
62. 瀬川和正

RS:X級女子 終了 参加33艇
1. FRA Hélène NOESMOEN 42.0p
2. ITA Flavia TARTAGLINI 43.0p
3. ESP Blanca MANCHON 44.0
8. 須長由季 69.0p
9. 大西富士子 86.0p
18. 小嶺恵美
27. 伊勢田愛

RS:X級男子 終了 参加48艇
1. FRA Louis GIARD 21.0p
2. NED Kiran BADLOE 34.0p
3. FRA Pierre le COQ 39.0p
19. 富澤 慎

49erFX級女子 終了 参加21艇
1. GER Victoria JURCZOK / Anika LORENZ 14.0p
2. NOR Ragna AGERUP / Maia AGERUP 38.0p
3. AUT Tanja FRANK / Lorena ABICHT 42.0p
7. 波多江慶/板倉広佳 61.0p
9. 原田小夜子/永松瀬羅 63.0p
11. 山崎アンナ/高野芹奈

ナクラ17級男女混合 終了 参加19艇
1. AUS Jason WATERHOUSE / Lisa DARMANIN 16.0p
2. ARG Santiago LANGE / Cecilia CARRANZA SAROLI 39.0p
3. AUT Thomas ZAJAC / Barbara MATZ 49.0p
19. 飯束潮吹/畑山絵里

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ