【SWC蒲郡】4種目で決勝レース進出者が決定。W杯4日目

  • 21
  • Oct

 10月20日、軽風ながらもようやくコンスタントに風が吹き始め、8種目全てで予定されていたレースがおこなわれました。RS:X男女と49er級、49erFX級は、この日がオープニングシリーズ(予選シリーズ)最終日。10月21日に行われるメダルレース(決勝レース)進出者が決定しました。(レポート/西 朝子)

20171020-CH6I7150
首位でメダルレースへ進出するRS:X女子の大西富士子。photo by Junichi Hirai

【RS:X級男子】
 RS:X級男子は3レースが行われ、五輪出場経験豊富なベテランの富澤慎が2位-2位-6位とまとめ、総合4位でメダルレース進出を決めました。トップのポーランド、Pawel Tarnowskiから5位で現世界チャンピオンの中国、Bing Yeまでが4点差にひしめく激戦クラスです。メダルレース(1レース)は、得点が2倍になるので、上位陣は誰もが優勝を狙えるポジションにつけています。

【RS:X級女子】
 今日3レース実施したRS:X級女子は、日本人選手の大西富士子と小嶺恵美が同点でトップに並んでいます(着順計算で大西が1位、小嶺が2位)。3位には1ポイント差で香港のHei Man H V Chanが続き、またリオ五輪代表の伊勢田愛も8位につけてメダルレースに進出しました。上位陣が僅差のなので、こちらも男子同様、最後の最後まで目の離せない展開となりそうです。

【49er級男子】
 残念ながら日本人選手のメダルレース進出はなりませんでした。49er級、49erFX級はメダルレースで3レースを行います。他クラスと違い、得点は通常のまま(2倍にはならない)ですが、カットレース(捨てレース)はありません。レースはバウンダリー(それよりも外に出て行けない境界線)を設定し、スタートからフィニッシュまで約20分で終わるショートコースで争われる予定です。

【49erFX級女子】
 エントリー数が9艇の49erFX級は、出場チームすべてがメダルレースに進出します。原田小夜子/永松瀬羅はトップのフランスチームと3点差の2位、波多江慶/板倉広佳は6点差の4位です。クルーの高野がケガしてしばらく練習ができなかったという学生コンビの山﨑アンナ/高野芹奈は総合8位。最後の第8レースでトップをとり、気持ち良くメダルレースにのぞめそうです。

 470級男子、470級女子、レーザー級男子、レーザーラジアル級女子は土曜日も予選シリーズが続き、大会最終日の日曜日にメダルレースが行われる予定です。

セーリングワールドカップシリーズ蒲郡
(ニュース、成績、フォトギャラリー等)
http://swc-gamagori.jp/


大会4日目ハイライト映像

セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会 4日目成績
●470級男子(参加24艇 12カ国 3レース実施)
3位:磯崎 哲也(エス・ピー・ネットワーク)/高柳 彬(日本経済大学)
4位:今村 亮(一宮開発グループ)/外薗 潤平(JR九州)
7位:土居 一斗(アビームコンサルティング)/木村 直矢(アビームコンサルティング/日本大学)
9位:市野 直毅(所属なし)/長谷川 孝(横浜ゴム)
10位:高山 大智(YAMAHA Sailing Team‘Revs’)/今村 公彦(YAMAHA Sailing Team‘Revs’)
14位:河合 龍太郎(三井住友海上火災保険)/中澤 太郎(三井住友海上火災保険)
17位:神木 聖(YAMAHA Sailing Team‘Revs’)/疋田 大晟(YAMAHA Sailing Team‘Revs’)
23位:小泉 颯作(トヨタ自動車東日本)/野田 友哉(日本経済大学)

●470級女子(参加14艇 7カ国 3レース実施)
3位:吉田 愛(ベネッセホールディングス)/吉岡 美帆(ベネッセホールディングス)
11位:林 優季(明海大学職員)/西代 周(明海大学職員)
12位:山本 佑莉(鳥取県セーリング連盟)/斎藤 由莉(早稲田大学)
13位:宇田川 真乃(YAMAHA Sailing Team‘Revs’)/関 友里恵(YAMAHA Sailing Team‘Revs’)

●49er級男子(参加20艇 11カ国 5レース実施)
15位:高橋 稜(オークランド大学)/小泉 維吹(早稲田大学)
13位:古谷 信玄(エス・ピー・ネットワーク)/八山 慎司(エス・ピー・ネットワーク)

●49erFX級女子(参加9艇 5カ国 4レース実施)
2位:原田 小夜子(豊田自動織機)/永松 瀬羅(豊田自動織機)
4位:波多江 慶(豊田自動織機)/板倉 広佳(豊田自動織機)
8位:山崎 アンナ(ノエビア/日本体育大学)/高野 芹奈(ノエビア/関西大学)

●レーザー級男子(参加50艇 23カ国 4レース実施)
19位:瀬川 和正(鳥取県立米子産業体育館)
36位:南里 研二(三重県体育協会事務局)
46位:樋口 碧(神奈川県セーリング連盟/エニタイムフィットネス関内)
50位:北村 勇一朗(関東学院大学)

●レーザーラジアル級女子(参加35艇 21カ国 4レース実施)
26位:多田 桃子(三重トヨタ自動車)
28位:冨部 柚三子(福井県体育協会)

●RS:X級男子(参加19艇 9カ国 2レース実施)
4位:富澤 慎(トヨタ自動車東日本)
13位:池田 健星(明治大学・KAYA)
16位:倉持 大也(福井県体育協会)
17位:尾川 潤(島精機製作所)
19位:福村 拓也(豊田自動織機)

●RS:X級女子(参加13艇 6カ国 3レース実施)
1位:大西 富士子(ホマレ電池)
2位:小嶺 恵美(一宮開発グループ/ジェイウィルコーポレーション)
8位:伊勢田 愛(福井県体育協会)
11位:須長 由季(ミキハウス)
12位:松浦 花咲実(大阪学院高等学校)
14位:山辺 美希(サガミ)

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ