【SWC蒲郡】男子470最終順位修正。3位は土居・木村組、今村・外薗組は5位

  • 23
  • Oct

 10月22日に全日程を終え閉会した「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」の成績が修正されました。(大会プレスリリースより)

CH6I6072
大会終了後に成績が修正され、銅メダルとなった470級の土居一斗/木村直矢。photo by Junichi Hirai

 閉会後、470級男子に出場したフランスのHippolyte Machetti/Sidoine Dantes組と、Kevin Peponnet/Jeremie Mionの2チームに、ルール違反が発覚し「DNE(Disqualification that is Not Excludable 削除できない失格)」が課せられました。

 その結果、3位だった今村亮(一宮グループ)/外薗潤平(JR九州)組のポイントが43点から42点に、4位だった土居一斗/木村直矢(共にアビームコンサルティング) 組のポイントが43点から41点に、5位だったニュージーランドのPaul Snow-Hansen/Daniel Willcox組のポイントが44点から42点にそれぞれ修正され、総合3位は土居/木村組、総合4位はSnow-Hansen/Willcox組、総合5位は今村/外薗組と修正されました(同点の場合、着順上位の数が多いほうが上位となります)。

 修正後の470級男子の成績は以下のとおりです。

470級男子(参加24艇 12カ国 7レース実施)
1位:Mathew Belcher/William Ryan(オーストラリア)
2位:磯崎 哲也(エス・ピー・ネットワーク)/高柳 彬(日本経済大学)
3位:土居 一斗/木村 直矢(共にアビームコンサルティング)
4位:Paul Snow-Hansen/Daniel Willcox(ニュージーランド)
5位:今村 亮(一宮開発グループ)/外薗 潤平(JR九州)
6位:高山 大智/今村 公彦(共にYAMAHA Sailing Team‘Revs’)
7位:Giacomo Ferrari/Giulio Calabro(イタリア)
8位:市野 直毅(所属なし)/長谷川 孝(横浜ゴム)
9位:Matteo Capirro/Matteo Puppo(イタリア)
10位:Luke Patience/Chris Grube(イギリス)
14位:河合 龍太郎(三井住友海上火災保険)/中澤 太郎(三井住友海上火災保険)
17位:神木 聖/疋田 大晟(共にYAMAHA Sailing Team‘Revs’)
24位:小泉 颯作(トヨタ自動車東日本)/野田 友哉(日本経済大学)

【成績表】
http://sailing.org/worldcup/results/index.php

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ