【SWC蒲郡】セーリングW杯開幕。39カ国・地域から280人以上の選手が参加

  • 16
  • Oct

 10月15日、世界39カ国・地域から280人以上の選手が参加し、日本で初めて開催される「セーリングワールドカップ 愛知・蒲郡大会」が、愛知県蒲郡市の豊田自動織機 海陽ヨットハーバーを拠点に開幕しました。(レポート/西 朝子)

00291015-CH6I2083
ワールドカップシリーズ蒲郡に出場する日本チーム、全員集合です。photo by Junichi Hirai

 大会初日は、ラグーナテンボス ラグナシアの特設ステージで開会式が行われ、各国から集まったセーラーやコーチ、関係者が一堂に会しました。日本初開催となる今大会には日本人選手、男女合わせて36チーム54人がエントリーしています。

 開会式であいさつに立った日本セーリング連盟の河野博文会長は「2年間の準備を経て日本で初開催されるセーリングワールドカップの初回が、ここ蒲郡で開催されることをとても嬉しく思います。日本選手にはぜひメダルを狙ってがんばってほしいです」とエールをおくりました。

 愛知県の大村秀章知事は「セーリングが盛んな街、蒲郡で日本初のワールドカップが開催されることはとても楽しみです。海外選手も大いに大会を楽しんでいってください」と挨拶を締めくくりました。

 セーリングワールドカップは、ワールドセーリングが主催し、世界を転戦しながら1年間に4大会行われるオリンピック種目のシリーズレガッタです。レースは10月17日から、オリンピック9種目で始まります。

00291014-DJI_0019
今年9月に落成式がおこなわれた海陽ヨットハーバーの大屋根新施設。photo by Junichi Hirai

00291015-7Z7A6723
15日は終日雨。選手たちは計測や受付を済ませ、レースに備えました。photo by Junichi Hirai

00291014-DJI_0023
桟橋の増設や艇庫、ハーバー施設が完成した豊田自動織機 海陽ヨットハーバー。2026年にはアジア競技大会(アジア大会)が開催予定です。photo by Junichi Hirai

00291015-7Z7A6878
トラッキング用のGPS。レース中の航跡はこちらで公開されます。photo by Junichi Hirai

00291015-CH6I2062
受付する山崎アンナ/髙野芹奈。photo by Junichi Hirai

00291015-CH6I2021
計測がおこなわれたハーバー艇庫。photo by Junichi Hirai

00291015-CH6I2128
ラグナシアでおこなわれたオープニングセレモニーでは蒲郡市の中学生がプラカードを持って選手をエスコートしました。photo by Junichi Hirai

00291015-CH6I2114
河野博文・日本セーリング連盟会長。photo by Junichi Hirai

00291015-7Z7A7003
大村秀章・愛知県知事。photo by Junichi Hirai


ワールドカップ蒲郡・15日開会式ほか、ダイジェスト

◎セーリングワールドカップシリーズ蒲郡(ニュース、成績、フォトギャラリー等)
http://swc-gamagori.jp/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ