【SWC】土居・木村、吉田・吉岡、日本470男女が並んで世界選手権暫定首位に!

  • 04
  • Aug

 8月3日、「セーリング・ワールド・チャンピオンシップ」。デンマーク・オーフスは連日の快晴です。日中の気温は上がり、日差しは強いものの乾燥した風は心地よく、レースは軽風でテンポよく進行しました。(BHM編集部)


波をつかみ総合トップに出た土居一斗/木村直矢(チームアビーム)。オーフスは土居一斗がリオ五輪日本代表を決めた思い出の場所です。photo by Junichi Hirai

 大会2日目、470級男子の土居一斗/木村直矢が見せ場を作りました。1-5-3位を取り、前日の15位をカットレースに総合トップに躍り出ました。

 日本勢は5位に岡田奎樹/外薗潤平、磯崎哲也/高柳 彬は6位に位置する健闘を見せています。日本男子の実力が世界レベルに達していることを証明しています。

 また、女子の吉田 愛/吉岡美帆も安定成績で総合トップに立ちました。予選途中ですが日本男女とも暫定1位は、数々の世界選手権を取材しているBHM編集長の記憶になく、日本は良い流れをつかんでいるといえるでしょう。

 本日から始まったレーザー級、ラジアル級は、それぞれ2レースおこなわれました。レーザー級はクラス最多となる165艇、ラジアルは119艇が出場する、厳しい戦いとなっています。

 大会初日、2日目と軽風戦となり、この風域を得意とする実力選手が上位に名を連ねています。大会3日目は、49er級と49erFX級のレースが始まります。各クラスのレースが毎日増え、オーフス沖が賑やかになってきました。

◎Hempel Sailing World Championships Aarhus 2018
http://www.aarhus2018.com/
◎セーリング・ワールド・チャンピオンシップ 成績
https://aarhus2018.sailing.org/results
◎YOUTUBE ライブ中継
https://www.youtube.com/channel/UCihBCFVwHKZT_jHc3Y3j8YA


165艇出場するレーザー級は3グループに分かれておこなわれています。photo by Junichi Hirai


樋口 碧。photo by Junichi Hirai


南里研二。photo by Junichi Hirai


瀬川和正。photo by Junichi Hirai


宮田一志。photo by Junichi Hirai


大会のために建設されたオーフスセーリングセンター。建物の一部は艇庫になっていてマストを立てたまま保管できます。photo by Junichi Hirai


計測を受ける49erFXの原田小夜子/永松瀬羅。明日3日目からレースがはじまります。photo by Junichi Hirai


セーリングセンターの前は49er男女のバースです。photo by Junichi Hirai


49erでドイツ・キールウィーク、ポーランド・ヨーロッパ選手権出場の後、アメリカのマッチレース、ガバナーズカップに出場した高橋稜レナード。ガバナーズカップでは準優勝を飾りました。photo by Junichi Hirai


冨部柚三子。photo by Junichi Hirai


多田桃子。photo by Junichi Hirai


土居愛実。photo by Junichi Hirai


本大会ではパリ五輪の正式種目となるカイトボードもおこなわれます。日本から男女1名ずつ出場します。photo by Junichi Hirai


混戦で上マークへ向かうフィン級。photo by Junichi Hirai


フィン級67位の西尾勇輝。和歌山県立医科大の2年生で、東京五輪を目指して来年は休学する予定とのこと。フィン級が五輪へ出場するハードルは高く、世界選手権で国別19位以内の成績をあげてなければなりません。photo by Junichi Hirai


オーフスのハーバー近くには近代的なデザイン・マンションが建設されています。photo by Junichi Hirai

セーリング・ワールド・チャンピオンシップ 2日成績
470女子 参加47艇 4R終了時
1. 吉田 愛/吉岡美帆 10.0p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE 11.0p
3. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ 12.0p
16. 宇田川真乃/工藤彩乃 46.0p
33. 田中美紗樹/野田乙心 81.0p
38. 林 優季/西代 周 93.0p

470男子 参加64艇 4R終了時
1. 土居一斗/木村直矢 9.0p
2. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM 9.0p
3. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ 11.0p
5. 岡田奎樹/外薗潤平 12.0p
6. 磯崎哲也/高柳 彬 13.0p
16 神木 聖/疋田大晟 22.0p
17. 高山大智/今村公彦 24.0p
19. 市野直毅/長谷川孝 24.0p
32. 出道耕輔/中川大河 38.0p
39. 小泉颯作/野田友哉 51.0p
55. 河合龍太郎/中澤太郎 68.0p

フィン級 参加90艇 4R終了時
1. NED Pieter-Jan POSTMA 7.0p
2. CAN Tom RAMSHAW 12.0p
3. CRO Josip OLUJIC 12.0p
67. 西尾勇輝 93.0p
84. 國米 創 120.0p
89. 藤村裕二 129.0p

レーザーラジアル級 参加119艇 2R終了時
1. GRE Vasileia KARACHALIOU 3.0p
1. USA Paige RAILEY 3.0p
3. NOR Line FLEM HØST 5.0p
10. 土居愛実 15.0p
71. 冨部柚三子 70.0p
84. 多田桃子 84.0p

レーザー級 参加165艇 2R終了時
1. NZL Sam MEECH 2.0p
2. FIN Kaarle TAPPER 4.0p
3. GBR Nick THOMPSON 5.0p
57. 南里研二 40.0p
106. 瀬川和正 68.0p
146. 樋口 碧 95.0p
160. 宮田一志 107.0p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ