【SWC】オーフス2018レーススタート。470吉田/吉岡が総合2位につける

  • 03
  • Aug

 8月2日、デンマーク・オーフスで開幕した「セーリング・ワールド・チャンピオンシップ」初日は、470級男女、フィン級のレースが始まりました。2レースおこなわれた470女子の吉田 愛/吉岡美帆は1位を取って総合2位につける好発進となりました。(BHM編集部)


470女子第2レース。上マーク2位からダウンウインドレグでトップに。圧巻の走りを見せた吉田/吉岡。photo by Junichi Hirai

 デンマーク・オーフスは快晴ながらも風弱く、長時間の風待ち。そよ風でおこなわれた470男子は、ダウンウインドでクローズになる変則的なコンディションでおこなわれました。

 フィン級も同じく、海上で長時間の風待ちで、午後4時からレースがおこなわれました。世界選手権初出場となる日本3選手は自分のセーリングができず、西尾勇輝の65位を最高に下位に甘んじる結果になりました。

 レース後は、場所を移動して海岸沿いの複合施設横にある広場で、オープニングセレモニーがおこなわれました。あふれんばかりの観衆が集まる盛大なセレモニーで、同国でのこの大会の注目度がうかがわれます。

 大会2日目は、470男女、フィン級に加えて、レーザー男子、ラジアル女子のレースがはじまります。

セーリング・ワールド・チャンピオンシップ 初日成績
470女子 参加47艇 2R終了時
1. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ 8.0p
2. 吉田 愛/吉岡美帆 13.0p
3. SUI Linda FAHRNI / Maja SIEGENTHALER 14.0p
15. 宇田川真乃/工藤彩乃 34.0p
32. 田中美紗樹/野田乙心 60.0p
37. 林 優季/西代 周 70.0p

470男子 参加64艇 1R終了時
1. GRE Panagiotis MANTIS / Pavlos KAGIALIS 1.0p
2. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM 1.0p
3. ITA Giacomo FERRARI / Giulio CALABRÒ 2.0p
9. 磯崎哲也/高柳 彬 5.0p
11. 神木 聖/疋田大晟 6.0p
17. 小泉颯作/野田友哉 9.0p
19. 岡田奎樹/外薗潤平 10.0p
25. 市野直毅/長谷川孝 13.0p
29. 土居一斗/木村直矢 15.0p
35. 河合龍太郎/中澤太郎 18.0p
41. 出道耕輔/中川大河 21.0p
62. 高山大智/今村公彦 33.0p

フィン級 参加90艇 1R終了時
1. BRA Jorge ZARIF 1.0p
1. CRO Josip OLUJIC 1.0p
3. FRA Guillaume BOISARD 2.0p
65. 西尾勇輝 33.0p
85. 國米 創 42.0p
89. 藤村裕二 45.0p


レース初日序盤は風がほとんどなく、長時間の風待ちとなりました。photo by Junichi Hirai


ようやく風も安定しだした470級女子の第2レーススタート。photo by Junichi Hirai


イエールW杯に続いて海外遠征となる河合龍太郎/中澤太郎。普段は完全なサラリーマンセーラーのため活動は制限されます。万全の体制ではありませんが、一歩でも上の成績を目標に活動を続けています。photo by Junichi Hirai


日本470男子の羅針盤役となる磯崎哲也。今年のプリンセスソフィア杯では銅メダルを獲得しました。本大会でもメダル獲得が期待されます。photo by Junichi Hirai


レースをやらない種目は、レース海面を避けて合同練習しています。photo by Junichi Hirai


海外遠征は昨年のギリシア世界選手権以来。ケガもあり、今年は国内練習で力を蓄えてきた神木 聖/疋田大晟。photo by Junichi Hirai


商業港でもあるオーフスは日本では馴染みのない大型フェリーが出入港します。photo by Junichi Hirai


小泉颯作/野田友哉は風の振れをうまくつかんで9着でフィニッシュ。photo by Junichi Hirai


福井県の国体チームでもある出道耕輔/中川大河。微風域を得意とするチームですが初日41位となりました。photo by Junichi Hirai


今年は多くの海外遠征に出て経験を積んだ宇田川真乃/工藤彩乃。初日は15位につけました。photo by Junichi Hirai


2フリートに分かれておこなわれるフィン級は1レース実施。日本3選手はスタートの混戦から抜け出せません。photo by Junichi Hirai


オーフスの日没は遅く夜9時。仕事を終えてから海に出る、ということも可能です。photo by Junichi Hirai


レース終了後、午後7時30分からはじまったオープニングセレモニー。バンド演奏もあり盛大に開催されました。photo by sailing energy

◎Hempel Sailing World Championships Aarhus 2018
http://www.aarhus2018.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ