【SWC】オーフスの戦い終盤へ。49er級、FX級のメダルレースがおこなわれる

  • 12
  • Aug

 8月11日、大会は終盤を迎えようとしている「セーリング・ワールド・チャンピオンシップ」10日目。本日は49er級、FX級のメダルレースがおこなわれました。予定されていたフォーミュラーカイトは荒天のため中止となり、前日までの結果が最終成績となりました。(BHM編集部)


49erで金メダルを獲得したクロアチアのファンテラ兄弟。スキッパーのシメ・ファンテラは470級のワールドチャンプ、リオ五輪金メダル獲得後、49erへ転向。当初の成績は落ち込んでいましたが、この世界選手権で一気に開花しました。photo by Junichi Hirai

 日本選手はフォーミュラーカイト女子の平田恵美がメダルレースに進みましたがレースは中止に。平田は総合9位となり、マスターズ女子銅メダルを獲得しました。

 8月2日にはじまったセーリング・ワールド・チャンピオンシップは終わりに近づいています。レースを終えた選手たちは船をパッキングして家路につく準備。さあ、明日が最終日です。編集長の取材も残り1日となりました。

◎Hempel Sailing World Championships Aarhus 2018
http://www.aarhus2018.com/
◎セーリング・ワールド・チャンピオンシップ 成績
https://aarhus2018.sailing.org/results
◎YOUTUBE ライブ中継
https://www.youtube.com/channel/UCihBCFVwHKZT_jHc3Y3j8YA


FX級のスタート。海上には、3隻の帆船が観戦に訪れていました。photo by Junichi Hirai


デンマーク皇太子(写真中央)も来訪しました。皇太子はドラゴン級の現役セーラーです。テレビカメラも集まり、大きなニュースになっていたようです。photo by Junichi Hirai


フォーミュラーカイト級マスターズ女子で銅メダルを獲得した平田恵美。宮古島でショップ経営と並行して活動しています。カイト女子は日本に少ないのが現状で、選手集めが課題になっています。photo by Junichi Hirai


カイト男子の唐門 紘。和歌山在住の中学3年生ながらも小学生の頃からカイトに乗る日本期待の若手選手です。「(海外選手と戦って)世界の壁を感じましたが楽しかったです。オリンピックを目指してがんばります」と唐門選手。photo by Junichi Hirai


FX優勝のオランダ。曇り空ではじまったメダルレースは途中超微風に。その後、急に雲が晴れて一瞬にして風が吹き上がる滅茶苦茶なコンディションになりました。photo by Junichi Hirai


レースが終わった選手は船を積み込んで、次のレガッタへ。日本選手の姿も少なくなってきました。photo by Junichi Hirai

セーリング・ワールド・チャンピオンシップ成績
49erFX級 参加60艇 最終成績
1. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ
2. AUT Tanja FRANK / Lorena ABICHT
3. GBR Sophie WEGUELIN / Sophie AINSWORTH
18. 波多江慶/板倉広佳
38. 原田小夜子/永松瀬羅
55. 山崎アンナ/高野芹奈

49er級 参加86艇 最終成績
1. CRO Sime FANTELA / Mihovil FANTELA
2. FRA Mathieu FREI / Noe DELPECH
3. GER Tim FISCHER / Fabian GRAF
26. 高橋稜レナード/小泉維吹
64. 古谷信玄/八山慎司

カイトボード級男子 参加61艇 最終成績
1. Nicolas PARLIER 27.0p
2. Guy BRIDGE 31.0p
3. Theo de RAMECOURT 40.0p
48. 唐門 紘 208.0p

カイトボード級女子 参加11艇 最終成績
1. D. MOROZ 12.0p
2. E. KALININA 23.0p
3. A. FANCELLI 38.0p
9. 平田恵美 119.0p ※マスターズ3位

RS:X級男子 参加85艇 12R終了時
1. NED Dorian van RIJSSELBERGHE 52.0p
2. NED Kiran BADLOE 75.0p
3. FRA Louis GIARD 80.0p
27. 富澤 慎 204.0p
72. 池田健星 307.0p
78. 倉持大也 345.0p
80. 尾川 潤 366.0p

RS:X級女子 参加62艇 12R終了時
1. NED Lilian de GEUS 36.0p
2. CHN Yunxiu LU66.0p
3. FRA Charline PICON 76.0p
34. 小嶺恵美 119.0p
36. 須長由季 123.0p
39. 伊勢田 愛 137.0p
41. 大西富士子 141.0p
50. 新嶋莉奈 190.0p
53. 松浦花咲実 230.0p

ナクラ17級 参加68艇 13R終了時
1. ITA Ruggero TITA / Caterina MARIANNA BANTI 69.0p
2. AUS Nathan OUTTERIDGE / Haylee OUTTERIDGE 70.0p
3. ARG Santiago LANGE / Cecilia CARRANZA SAROLI 72.0p
35. 飯束潮吹/畑山絵里 118.0p
42. 梶本和歌子/川田貴章 140.0p
60. 村山仁美/渡部雄貴 194.0p
65. 深沢瑛里/田中航輝 207.0p



470女子 参加47艇 最終成績

1. 吉田 愛/吉岡美帆

2. ESP Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO REINA
3. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE
4. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ

5. ESP Bàrbara CORNUDELLA RAVETLLAT / Sara LÓPEZ RAVETLLAT

6. CHN Mengxi WEI / Haiyan GAO
7. ITA Benedetta di SALLE / Alessandra DUBBINI

8. GBR Amy SEABRIGHT / Anna CARPENTER

9. GRE Maria BOZI / Rafailina KLONARIDOU

10. SLO Tina MRAK / Veronika MACAROL
19. 宇田川真乃/工藤彩乃
30. 田中美紗樹/野田乙心
40. 林 優季/西代 周

470男子 参加64艇 最終成績

1. FRA Kevin PEPONNET / Jeremie MION
2. 磯崎哲也/高柳 彬
3. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ
4. SWE Anton DAHLBERG / Fredrik BERGSTRÖM

5. AUS Mathew BELCHER / William RYAN

6. 岡田奎樹/外薗潤平
7. USA Stuart McNAY / David HUGHES

8. SWE Carl-Fredrik FOCK / Marcus DACKHAMMAR

9. ITA Giacomo FERRARI / Giulio CALABRÒ
10. 土居一斗/木村直矢

22. 神木 聖/疋田大晟

26. 市野直毅/長谷川孝

28. 高山大智/今村公彦

29. 出道耕輔/中川大河

42. 小泉颯作/野田友哉

49. 河合龍太郎/中澤太郎

フィン級 参加90艇 最終成績
1. HUN Zsombor BERECZ
2. SWE Max SALMINEN
3. NED Pieter-Jan POSTMA
68. 西尾勇輝
83. 國米 創
90. 藤村裕二

レーザーラジアル級 参加119艇 最終成績
1. BEL Emma PLASSCHAERT
2. NED Marit BOUWMEESTER
3. DEN Anne-Marie RINDOM
22. 土居愛実
52. 冨部柚三子
66. 多田桃子

レーザー級 参加165艇 最終成績
1. CYP Pavlos KONTIDES
2. AUS Matthew WEARN
3. GER Philipp BUHL
73. 南里研二
74. 瀬川和正
142. 樋口 碧
163. 宮田一志

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ