【RS:X】爆発的な強さを見せる中国。ライトウインド江の島RS:Xワールド

  • 22
  • Sep

 9月22日、江の島で開催されている「RS:X級世界選手権」は決勝シリーズに入り、予選の結果から上位のゴールドフリート、下位シルバーフリートに分かれてレースがおこなわれます。男女とも8レースが終わり、中国勢が破竹の勢いで上位をしめる結果となりました。(BHM編集部)

20170921-CH6I0099
シーブリーズを待ってスタートしたレース3日目。風は弱く、成績に大きな変動がありました。photo by Junichi Hirai

 レース3日目は軽風パンピングコンディションとなり、女子の小嶺恵美が会心のスタートからトップ回航。最終マークの回航で中国に抜かれてしまいましたが、えひめ国体に合わせておこなっているライトウインド対策が、ワールドでも発揮されているようです。小嶺は続く第7レースでも3位を取り、総合16位へあがりました。

 4位で決勝へ進んだ富澤 慎は、艇団から抜け出すことができず10位へ後退しました。軽風シリーズとなり、中国選手が台頭している本ワールド。反対にメダリストやワールドチャンプの成績が安定せず、セカンドグループに甘んじている、という内容になっています。

 大会は22日に決勝(最大3レース)、最終日となる23日はトップ10によるメダルレースがおこなわれます。

20170921-7Z7A5472
第6レースで風下側からトップスタートを決めた小嶺恵美。このまま上マークをトップ回航しました。photo by Junichi Hirai

20170921-CH6I9469
積極的な戦いで16位へ上昇した小嶺。photo by Junichi Hirai

20170921-DJI_0047
タイミリミットに合わせて設定されるコースは、微軽風ゆえに短く作られます。江の島近くでおこなわれたので、防波堤からも観戦できました。photo by Junichi Hirai

20170921-CH6I0189
ゴールドフリートで中位置での戦いを強いられた富澤。photo by Junichi Hirai


レース4日目ハイライト映像

RS:X級世界選手権2017 成績
男子 8レース終了時 参加102艇
1. CHN Bing Ye 21p
2. CHN Mengfan Gao 24p
3. SUI Mateo Sanz Lanz 27p
4. CHN Tao Li 30p
5. HKG Michael Cheng 42p
6. ISR Shahar Zubari 43p
10. 富澤 慎 51p
55. 池田健星 105p
80. 尾川 潤 181p
88. 倉持大也 210p
89. 福村拓也 211p
94. 由利亮太 241p
101. 岩崎雄太 274p

女子 8レース終了時 参加66艇
1. CHN Jiahui Wu 25p
2. CHN Peina Chen 25,7p
3. POL Zofia Noceti Klepacka 30p
4. CHN Hongmei Shi 32p
5. CHN Yunxiu Lu 39p
6. ESP Blanca Manchon 42p
16. 小嶺恵美 78p
35. 伊勢田愛 77p
38. 大西富士子 80p
40. 須長 由季 86p
50. 新嶋莉奈 144p
57. 原 百花 178p
58. 渡辺純菜 183p
59. 山辺美希 184p
61. 松浦花咲実 197p
64. 杉本寧々 207p

◎2017 RS:X Windsurfing World Championships
http://www.rsxclass.org/worlds2017/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ