【470ジュニア】サバイバル江の島!台風15号の影響下で1レースを実施

  • 31
  • Aug

 8月31日、「470級ジュニア世界選手権」レース4日目は、小笠原諸島付近に停滞する台風15号の影響で荒れたコンディションとなりました。男女合わせて63艇中13艇が出艇を見合わせる中で1レースを実施。サバイバル・コンディションでも上位陣は安定した走りを見せました。(レポート/西 朝子)

21246335_1569259903133430_7780906256306606457_o
雨、強風、台風の影響で江の島はサバイバル・コンディションに。photo by Junichi Hirai

 最初にスタートした女子で圧巻の走りを見せたのが、イタリアのBenedetta DI SALLE / Alessandra DUBBINIです。彼女たちは昨日、ルール違反のため失格となり、首位から6位に順位を下げてしまいました。その悔しさをぶつけるかのような力強い走りでした。

 2位でフィニッシュしたのは、風と波が強いことで知られる西オーストラリア・フリーマントル出身のNia JERWOOD / Monique DE VRIESです。女子は出艇した20艇中15艇が完走。上位陣は荒れたコンディションでも安定した走りを見せました。

 続いてスタートした男子は、出艇30艇中9艇がリタイアしましたが、フランスのHippolyte MACHETTI / Sidoine DANTÈSとGuillaume PIROUELLE / Valentin SIPANがワンツーフィニッシュ。3位にはイスラエルのNitai HASSON / Tal HARARIが入りました。

「ここまで荒れ模様になるとは思っていませんでしたが、久しぶりにエクストリームセーリングを楽しみました」(HASSON)

「母国では真冬に嵐が来た時にこういう状況になることがありますが、稀です。東京五輪を目指す僕たちにとって、江の島で微風から荒天まで経験できたのは貴重でした」(HARARI)

 台風15号が江の島に最も接近するのは大会最終日の翌日、9月3日の予報です。明日9月1日も荒天が予想されますが、11時から2レースが実施される予定です。

◎470ジュニア世界選手権2017
http://2017juniorworlds.470.org/

21200739_1569258839800203_7264417894958088319_o
大波のなか出艇。風は30ノット近くまであがりました。photo by Junichi Hirai

21167366_1569259743133446_91842829198980229_o
フォトボートに手を振る同志社大チーム。強風でも元気いっぱいです。photo by Junichi Hirai

21199592_1569258606466893_9196778113418311463_o
女子トップのスペイン。photo by Junichi Hirai

21199545_1569259359800151_220433816979715486_o
男子トップのフランス。男女トップチームはすでにワールドカップやシニア大会でも活躍しています。photo by Junichi Hirai


レース4日目ハイライト映像

470級ジュニア世界選手権 8レース終了時の成績
男子 参加38艇
1. Hippolyte MACHETTI/Sidoine DANTÈS (FRA 79) – 11 pts
2. Guillaume PIROUELLE/Valentin SIPAN (FRA 76) – 20 pts
3. 高山 大智/木村 直矢 (JPN 4601) – 21 pts
4. Giacomo FERRARI/Giulio CALABRÒ (ITA 757) – 25 pts
5. 岡田 奎樹/松尾 虎太郎 (JPN 4562) – 45 pts
6. Thomas PONTHIEU/Quentin PATURLE (FRA 95) – 46 pts
7. Wiley ROGERS/Jack PARKIN (USA 7) – 46 pts
8. Nitai HASSON/Tal HARARI (ISR 15) – 55 pts
9. Balázs GYAPJAS/ Zsombor GYAPJAS (HUN 1) – 71 pts
10. Maor ABU/Yoav ROOZ (ISR 10) – 71 pts

女子 参加25艇
1. Silvia MAS DEPARES/Paula BARCELO MARTIN (ESP 18) – 21 pts
2. Ilaria PATERNOSTER/Bianca CARUSO (ITA 33) – 29 pts
3. Nia JERWOOD/Monique DE VRIES (AUS 5) – 36 pts
4. Jennifer PORET/Camille HAUTEFAYE (FRA 14) – 42 pts
5. Beste KAYNAKCI/Simay ASLAN (TUR 99) – 43 pts
6. Benedetta DI SALLE/Alessandra DUBBINI (ITA 74) – 49 pts
7. Noya BAR-AM/Nina AMIR (ISR 11) – 52 pts
8. Marina LEFORT/Lara GRANIER (FRA 7) – 54 pts
9. Olivia BERGSTRÖM/Lovisa KARLSSON (SWE 34) 57 pts
10. 宇田川 真乃/関 友里恵 (JPN 4585) – 59 pts

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ