【速報】リオ五輪470級男子代表は、土居一斗/今村公彦に決定!

  • 05
  • Jul

 7月4日、デンマーク・オーフス「470級ヨーロッパ選手権」最終日は男女とも最終メダルレースがおこなわれ、チームアビームの土居一斗/今村公彦が松永鉄也/吉田雄悟(スリーボンド)を逆転し、リオ五輪日本代表を決めました。(BHM編集部)

7Z7A8380
何度も後方を振り返り勝利を確信した瞬間の土居一斗/今村公彦。チームアビームはドラマのような逆転劇を見せました。photo by Junichi Hirai

 昨日同様、オーフスの海上は風弱く、約2時間の陸上待機。その後、弱い風が安定して入るようになり、男女とも微風の戦いとなりました。注目の470級男子は、スタート前からお互いに牽制し合います。スタートライン中央についた土居一斗/今村公彦(チームアビーム)を狙うように松永鉄也/吉田雄悟(スリーボンド)が接近しました。スタートはイーブン。若干スピードを持った土居/今村がバウ先を出しました。

4J5A3726
風下にアビーム、風上にスリーボンド。スタートの瞬間、若干スリーボンドが遅れたように見えました。photo by Junichi Hirai

 左海面を使いながら中盤はタッキングマッチとなり、日本2チームはポジションを奪い合います。2艇の戦いはポートタックのレイラインまで伸びて、少しずつ前に出た土居/今村がリード。1上マークを8位、松永/吉田は10位で回航しました。

 風はさらに弱まり、レースができるかできないかギリギリのコンディションとなります。土居/今村がリードを広げますが、この順位ではリオ五輪代表ラインには足りていません。土居/今村は、コース中央を左から右に横断し、弱いパフを追いかけます。このダウンウインドで2艇を抜いて1下マークでは6位へアップ。得点計算上重要となるフランスをここで追い抜きました。

 松永/吉田は風をつかめず10位回航します。二度目のアップウインドでは、松永/吉田をルーズにカバーしながらポジションを保守。2上マークでは混戦ながらも5番手。松永/吉田は9番で回航しました。

 最終ダウンウインドで土居/今村は即ジャイブで左海面を選択。薄い、薄いブローを拾って1艇を抜き、4位でフィニッシュ。松永/吉田は追いつくことができないまま10位フィニッシュ。土居一斗/今村公彦のリオ五輪日本代表が決定しました。

======================
総合8位 土居/今村
(54+1-8)÷54×100=87点(+ボーナス5)=92点
一次選考97点+二次選考92点=189点
総合10位 松永/吉田
(54+1-10)÷54×100=83点
一次選考102点+二次選考83点=185点
======================

4J5A3836
第1レグで後手となってしまった松永鉄也/吉田雄悟。photo by Junichi Hirai

4J5A3868
交差するチームアビームvsスリーボンド。photo by Junichi Hirai

7Z7A8419
リオ五輪代表を決めた土居一斗(23歳)/今村公彦(31歳)。両選手とも初のオリンピックです。おめでとう!photo by Junchi Hirai

470級ヨーロッパ選手権 女子最終成績 参加48艇
ゴールドフリート
1. NZL Jo Aleh / Polly Powrie 19p
2. SLO Tina Mrak / Veronika Macarol 45p
3. USA Anne Haeger / Briana Provancha 49p
4. FRA Camille Lecointre / Helene Defrance 51p
5. GBR Sophie Weguelin / Eilidh McIntyre 57p
6. GER Annika Bochmann / Marlene Steinherr 69p
7. NED Afrodite Kyranakou / Anneloes Van Veen 70p
8. ESP Marina Gallego / Fatima Reyes 72p
9. GER Nadine Boehm / Ann-Christin Goliass 75p
10. JPN 山口祥世/畑山絵里 77p
12. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 64p

470級ヨーロッパ選手権 男子最終成績 参加60艇
ゴールドフリート
1. USA Stuart Mcnay / David Hughes 47p
2. GER Ferdinand Gerz / Oliver Szymanski 54p
3. AUS Mathew Belcher / Will Ryan 58p
4. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 69p
5. RUS Pavel Sozykin / Denis Gribanov 71p
6. GBR Luke Patience / Elliot Willis 78p
7. ARG Lucas Calabrese / Juan De La Fuente 81p
8. JPN 土居一斗/今村公彦 86p
9. FRA Sofian Bouvet / Jeremie Mion 86p
7. JPN 松永鉄也/吉田雄悟 89p
27. JPN 市野直毅/長谷川孝 127p
シルバーフリート
15. JPN 飯束潮吹/八山慎司 146p

◎470European Championship
http://2015europeans.470.org/en/default/races/race
◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
https://www.facebook.com/bulkheader

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ