【速報】ソフトバンク・チームジャパン、第35回アメリカズカップへ挑戦!

  • 30
  • Apr

 2017年、バミューダで開催される「第35回アメリカズカップ」の日本参戦が発表されました。4月30日、ソフトバンク本社(東京都港区)で挑戦表明記者会見がおこなわれ、河野博文・日本セーリング連盟会長、渡邊 浩・関西ヨットクラブ理事長、早福和彦・チームジャパン総監督、ソフトバンク広告宣伝本部の栗坂達郎氏が出席しました。日本のアメリカズカップ挑戦は2000年以来15年ぶりになります。(BHM編集部)

15.04.30_7Z7A1671
左よりソフトバンク・栗坂氏、河野JSAF会長、早福総監督、渡邊理事長(KYC)。photo by Junichi Hirai

15.04.30_7Z7A1559
ソフトバンク・チームジャパンのデザイン。イメージカラーは黒と白とシルバーです。photo by Junichi HIrai

 かねてから噂されていたアメリカズカップの日本参戦が現実となりました。記者会見で発表された主な内容は、

・チーム名:ソフトバンク・チームジャパン
・挑戦ヨットクラブ:関西ヨットクラブ
・メインサポート:ソフトバンク株式会社
・ソフトバンク・チームジャパン総監督:早福和彦
・7月下旬イギリス・ポーツマスで開催されるワールド・シリーズ(AC45)より参戦
・初戦は早福総監督+外国人セーラーの合計5名が乗る
・日本選手をオーディションする可能性あり(選考プランは未定)
・スキッパー名は現時点では未発表
・オラクルUSAより技術提供を受ける
・ソフトバンク・チームジャパンは6月バミューダで練習開始
・ユースアメリカズカップの日本挑戦を計画
・ワールドシリーズの日本開催も検討

 現時点で公式発表できるのはここまで。今後、ソフトバンク・チームジャパンのさまざまなニュースが出てくると思われます。みなさん、期待しましょう!

15.04.30_7Z7A1581
「強いセーリングチームを結成することが急務。次のアメリカズカップでは船が小さくなり、クルーの技術やヘルムスマンのハンドリング、チームの判断力、チームワークが重要になる。目指すのはナンバーワン。強靭なソフトバンク・チームジャパンを作りたい」(早福総監督)。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ