【江の島OW】東京オリンピック開幕まであと1000日。高山/今村が2位に浮上

  • 29
  • Oct

 沖縄付近を進む台風22号の影響で、レース日2日目は午後から雨が降り始めました。15ノット前後の北寄りの風と冷たい雨の中、49er級、49erFX級は4レース、そのほかのクラスは3レースを実施。470級男子の高山/今村は、昨日の3位から2位に順位を上げました。本日は2020年の東京オリンピック開幕までちょうど1000日の節目の日です。東京を目指す選手たちの熱い戦いは、明日、最終日を迎えます。(レポート/西朝子 大会実行委員会・広報)

00291028-7Z7A2502
大会2日目は雨。本日より始まった420級を含む10種目が、3つのレース海面を使っておこなわれています。photo by Junichi Hirai

【470級男子】
「やっと自分たちが得意な強風でレースをすることができ、順位も上がってすっきりしました。このところ軽風でのレースばかりでしたから」と話すのは、6レースを終え総合2位に浮上した高山大智/今村公彦です。
 初日トップだった磯崎哲也/高柳彬は6位に後退。替わってトップに立ったのがロンドン五輪銀メダリストのLuke Patienceとリオ五輪後にペアを組んだChris Grube(イギリス)です。Patienceはレース後、「目標はオリンピックで金メダルを取ることです。でもまずはこの大会で優勝することを目指します」と明日への意気込みを話しました。

00291030-374A4716
総合2位にあがった高山大智/今村公彦。photo by Junichi Hirai

【470級女子】
 トップスリーは昨日と同じ顔ぶれです。暫定1位は8月に江の島で開催された470ジュニアワールドに出場したBenedetta Di Salle/Alessandra Dubbini(イタリア)。2位はリオ五輪4位のAfrodite Zegers/Anneloes van Veen(オランダ)、3位にリオ五輪5位の吉田愛/吉岡美帆がつけています。

【フィン級】
 リオ五輪金メダリストのGiles Scott(イギリス)は、今日行われた3レースすべてでトップフィニッシュする貫禄を見せました。藤村裕二は強豪たちの胸を借りながら難しいコンディションのレースを消化しています。

【レーザー級】
 初日トップだったNick Thompson(イギリス)が大崩れし、8位まで順位を下げたことで昨日の2位から4位までがスライドしてトップスリーとなっています。首位に立ったのはLorenzo Brando Chiavarini(イギリス)。日本人トップの瀬川和正は25位に後退しました。

【レーザーラジアル級】
 初日から好調をキープしているのが、暫定トップのErika Reineke(アメリカ)です。「江の島沖はシフティーでトリッキーでクレイジーな難しい海面ですね。でもお寿司は美味いし、人は優しいし、ここがとても好きになりました。明日が最終日で、日本を離れなければならないのが寂しいです」とレース後、笑顔を見せていました。日本人トップの土居愛実は昨日から順位をひとつ下げ、現在4位です。

00291030-374A3523
ラジアル級トップのErika Reineke(USA)。photo by Junichi Hirai

【49er級】
 今日行われた4レースすべてでトップをとったのは、世界チャンピオンのDylan Fletcher/Stuart Bithellm(イギリス)です。その強さは圧倒的。2位のJames Peters/Fynn Sterritt(イギリス)に13点差をつけて最終日を迎えます。ナショナルチーム入りがかかる日本チームは高橋稜/小泉維吹が15位、古谷信玄/八山慎司が16位です。

【49erFX級】
 2日目でトップに立ったのは、元世界チャンピオンのAlexandra Maloney /Molly Meech(ニュージーランド)です。2位のVictoria Jurczok/Anika Lorenz(ドイツ)と同点ながら、今日4レースを1位-1位-2位-1位とまとめタイブレークで首位に立っています。日本トップは7位の山﨑アンナ/高野芹奈です。

【420級】
 ユース種目の420級には、高校生、中学生合わせて26艇が参加し、470級と同じ海面で3レースがおこなわれました。470級男子トップのLuke Patienceは420級の出身。「420はチームワークと2人で3枚のセールを扱うなどのスキルを学べる艇種。次のステップに繋げる絶好の艇です」と中高生セーラーにエールを送りました。

00291028-7Z7A2240
26艇が出場する420級。photo by Junichi Hirai

【RS:X級男子】
 雨が強くなった午後にレースが行われたRS:X級。男子は世界ランキング上位のTaehoon Lee(韓国)が1位-3位-2位とまとめてトップに躍り出るました。2位はトップと1点だのMenggan Gao(中国)。2位と5点差で表彰台圏内の3位にいるのが日本の富澤 慎です。

【RS:X級女子】
 今日行われた3レースすべてでトップフィニッシュし、1位に浮上したのがLilian de Geus(オランダ)です。昨日トップだった伊勢田愛は7点差の2位。3位から5位までは強豪の中国勢が並んでいます。そして6位は須長由希、7位に小嶺恵美、8位が大西富士子と日本勢が続いています。

 台風22号は月曜日の未明に関東の東海上を通過する予報です。大会最終日の明日は、今日よりさらにタフなコンディションになることが予想されます。

00291030-374A6708
夕方から始まったパーティーでは神奈川県茅ヶ崎の高校生がチアダンスを披露して「2020年」東京五輪へ向けて盛り上がりました。photo by Junichi Hirai


オリンピックウィーク2日目ハイライト映像

◎江の島オリンピックウィーク
https://www.jeow.org/
レース艇のライブ航跡図:https://yachtrace.jp/event/2017EOW/
成績表:https://www.jeow.org/entry-list
バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー初日
バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー2日目

2017-10-28._49fx
2017江の島オリンピックウィーク2日目49erFX級成績

2017-10-28._49m
49er級成績

2017-10-28._420
420級成績

2017-10-28._470m
470級男子成績

2017-10-28._470w
470級女子成績

2017-10-28._finn
フィン級成績

2017-10-28._laser
レーザー級成績

2017-10-28._radial
レーザーラジアル級成績

2017-10-28._rsxm
RS:X級男子成績

2017-10-28._rsxw
RS:X級女子成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ