【江の島OW】大雨オリンピックウィーク最終日。日本470男女、RS:X男女が表彰台に

  • 30
  • Oct

 10月29日、台風22号から伸びる雨雲の影響で「ASAF Sailing Cup JSAF 江の島オリンピックウィーク2017」最終日は、強い雨の中で始まりました。午前中は台風がまだ関東から離れていたため、波浪はそれほど強くなく、降りしきる雨の中、選手たちはレース海面へと向かいました。(レポート/西 朝子 大会実行委員会・広報)

00291031-374A8705
470級男子で高山大智/今村公彦が銀メダルを獲得しました。photo by Junichi Hirai

【470級男子】
 3海面あるレース海面のうち一番沖でレースが行われた470級は、徐々に大きくなる波の影響でマークが移動してしまい、第1レーススタート後にレース中止が決定しました。結局、予定されていた2レースともに行われず、昨日までの成績で総合成績が確定。高山/今村が2位となりました。
1位:Luke Patience/Chris Grube(イギリス)
2位:高山大智/今村公彦
3位:David Bargehr/Lukas Mahr(オーストリア)

【470級女子】
 女子は1レースおこなわれ吉田愛/吉岡美帆がトップフィニッシュ。成績は前日と変わらず総合3位となり、470級では男女ともに日本勢が表彰台に上りました。
1位:Benedetta Di Salle/Alessandra Dubbini(イタリア)
2位:Afrodite Zegers/Anneloes van Veen(オランダ)
3位:吉田愛/吉岡美帆

00291031-374A8726
470級女子は、W杯蒲郡から連続で吉田・吉岡が表彰台にあがりました。photo by Junichi Hirai

【RS:X級男子】
 最終日に2レースが行われたRS:X級男子は、Menggan Gao(中国)が逆転で優勝。昨日トップに立ったTaehoon Lee(韓国)は2位、富澤 慎は3位でした。表彰台に立った富澤ですが「今大会のメンバーならば優勝できたはず……」と悔しさをにじませていました。
1位:Menggan Gao(中国)
2位:Taehoon Lee(韓国)
3位:富澤 慎

【RS:X級女子】
 最終2レースで順位を落としたものの、逃げ切りで優勝を決めたのが昨日トップのLilian de Geus(オランダ)です。Hongmei Shi(中国)は2位、伊勢田愛は最後に逆転され1点差の3位でした。
 銅メダルを手にした伊勢田は「風のパターンがつかめず苦労しました。東京オリンピックに向けもっと慣れていかなければいけません。リオにも出場しましたが、東京では出場するだけでなくしっかり走ることができるようしたいです。もちろんその前に代表になれるようにがんばります」とコメントしました。
1位:Lilian de Geus(オランダ)
2位:Hongmei Shi(中国)
3位:伊勢田愛

00291031-374A8246
3位入賞した富澤 慎。photo by Junichi Hirai

【レーザー級】
 最終日に1レースを行ったレーザー級は、Thomas Saunders(ニュージーランド)が3位からの逆転優勝です。日本人トップの瀬川和正は21位でこの大会を終了しました。
1位:Thomas Saunders(ニュージーランド)
2位:Matthew Wearn(オーストラリア)
3位:Lorenzo Brando Chiavarini(イギリス)

【レーザーラジアル級】
 レーザーラジアル級は今日、何度もスタートをやり直した後、レース途中で中止という残念な結果に。昨日までの成績で順位が確定し、土居愛実の最終成績は4位でした。
1位:Erika Reineke(アメリカ)
2位:Tatiana Drozdovskaya(ベルギー)
3位:Vasileia Karachaliou(ギリシャ)

00291029-7Z7A2879
ラジアル級が上マークをまわるタイミングで、強風から微風に変わりレースはキャンセルされました。photo by Junichi Hirai

【49er級】
 午前中に2レースが行われた49er級は、世界チャンピオンのDylan Fletcher/Stuart Bithellm(イギリス)が優勝。日本チームの順位は昨日と変わらず、高橋 稜/小泉維吹が15位、古谷信玄/八山慎司が16位でした。
1位:Dylan Fletcher/Stuart Bithellm(イギリス)
2位:James Peters/Fynn Sterritt(イギリス)
3位:Logan Dunning/Oscar Gunn(ニュージーランド)

【49erFX級】
 49erFXは、ニュージーランドチームが2組、表彰台に上がりました。「レースが行われた岸寄り海面が、母国と似たコンディションでレースしやすかった」と話すAlexandra Maloney/Molly Meechが優勝、Erica Dawson/Kate Stewartが3位に入っています。2位はドイツチーム。日本人最高位は山崎アンナ/高野芹奈の7位です。
1位:Alexandra Maloney/Molly Meech(ニュージーランド)
2位:Victoria Jurczok/Anika Lorenz(ドイツ)
3位:Erica Dawson/Kate Stewart(ニュージーランド)

00291031-374A7731
49er、FXは全レースを実施。両クラスともワールドチャンピオンチームが優勝を決めました。写真はFX優勝のNZL。photo by Junichi Hirai

【フィン級】
 日本の海で久しぶりにレースが行われたフィン級は、リオ五輪金メダリストのGiles Scott(イギリス)が1年以上のブランクを感じさせずに優勝。藤村裕二は7位でフィン級で終えました。
1位:Giles Scott(イギリス)
2位:Jake Lilley(オーストラリア)
3位:Nicholas Heiner(オランダ)

【420級】
 豪雨の中レース海面に向かったユースセーラーですが、レースは中止となり昨日までの成績が最終成績となりました。中高生セーラーにとって、トップ選手の走りを間近で見ることができたのは、良い経験になったはずです。

 東京オリンピックを目指す選手たちが多数参加した本大会。台風に翻弄されましたが、予定日数を無事終えることができました。オリンピックまで2年を切った来年は、さらに国際色豊かな大会となることでしょう。来年の「江の島オリンピックウィーク」は、2018年10月に開催される予定です。

◎江の島オリンピックウィーク
https://www.jeow.org/
レース艇のライブ航跡図:https://yachtrace.jp/event/2017EOW/
成績表:https://www.jeow.org/entry-list
バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー初日
バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー2日目
バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー3日目

2017-10-30_470m
470男子成績

2017-10-30_470w
470女子成績

2017-10-30_RS-Xm
RS:X男子成績

2017-10-30_RS-Xw
RS:X女子成績

2017-10-30_finn
フィン成績

2017-10-30_49er
49er成績

2017-10-30_49erfx
49erFX成績

2017-10-30_laser
レーザー成績

2017-10-30_Radial
レーザーラジアル成績

2017-10-30_420
420成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ