【欧州】W杯マルセイユ最終日。日本選手の順位変わらず大会を終える

  • 10
  • Jun

 6月9日、「ワールドカップシリーズ・ファイナル・マルセイユ大会」最終日。朝から曇天のマルセイユでは、風が弱くレースを始めることができず、海に出ることなくレーザー、ラジアル、フィンが中止に。午後3時過ぎから吹き始めた弱い風で470級男女のメダルレースがおこなわれました。(BHM編集部)


W杯マルセイユ大会でメダルレースに進んだ高山大智/今村公彦。photo by Junichi Hirai

 レースのおこなわれなかったラジアル級、冨部柚三子の成績は前日のまま4位。470男子の高山大智/今村公彦、女子の吉田 愛/吉岡美帆はともに着順8位、総合10位で成績変わらず。順位を上げることなくマルセイユ大会を終えました。

 女子470はメダルレースでイギリスを逆転したフランスが勝利。フランスはカイト、FX、470女子の3クラスで金メダルを獲得し、地元開催の意地を見せました。

 2019年度ワールドカップシリーズは、本大会を持って終了となり、次回の江の島大会からは2020年シリーズとなります。江の島、ワールドカップは8月25〜9月1日まで開催されます。

「自分たちが得意とする強風シリーズで、日本でいちばんの成績を残せたのはよかった。成長したというよりも、ひとつひとつの課題が克服できたことがメダルレース進出につながったんだと思います。取りこぼしもあたので、もう少し上に行けたかも、という気持ちもあります。でも、この調子でいい流れをつかんで8月の世界選手権(代表選考)に挑みたい」(高山大智)

「5月ヨーロッパ選手権が終わり、境港ワールド(7月)までのあいだでフリートレースの経験をつみたくて出場しました。数の少ないなかでも自分の走りにアップダウンがあり、特に3日目の成績は悪く最後まで響いてしまった。いまのわたしが得意な風域は軽風です。優勝したリトアニアは軽風が得意なので、一緒にトレーニングしていくなかで成長していきたい」(冨部柚三子)

「強風ではほかの艇のトラブルもあって前を走ることができました。風が落ちるとスタートで攻めきれなかったり、良いスタートをしても走りが悪かったり、むずかしい部分があった。いまは、パルマ(第1回代表選考)が終わって、江の島ワールド(第2回選考)に向けて、いろいろなことを試している時期。成績にでていませんが、うまく行っている部分もあるし、悪い部分も明確になって、そこを重点的に改善しようと試みています」(吉岡美帆)


ベネッセチーム。ロンドン五輪代表、SailGP日本チームに所属する吉田雄悟がチームをサポートします。photo by Junichi Hirai


ラジアル級の冨部柚三子と金メダルを獲得したViktorija ANDRULYTE(LTU)。2人は練習をともにするセーリングパートナーです。photo by Junichi Hirai


470級男子金メダルはマット・ベルチャー/ウィル・ライアン(AUS)。photo by Junichi Hirai


470女子はフランスが逆転金メダルを決めました。photo by Junichi Hirai


W杯マルセイユ・メダルレース2日目再放送

2019ワールドカップシリーズ最終戦マルセイユ大会 最終成績
470男子 参加29艇 最終成績
1. AUS Mathew BELCHER / William RYAN 21.0p
2. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ 47.0p
3. FRA Hippolyte MACHETTI / Sidoine DANTES 66.0p
10. 高山大智/今村公彦 118.0p
11. 岡田奎樹/外薗潤平
16. 磯崎哲也/高柳 彬
17. 土居一斗/木村直矢
23. 市野直毅/長谷川孝

470女子 参加24艇 最終成績
1. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ 41.0p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE 42.0p
3. ESP Silvia MAS DEPARES / Patricia CANTERO REINA 70.0p
10. 吉田 愛/吉岡美帆 97.0p
16. 宇田川真乃/工藤彩乃
23. 林 優季/西代 周

レーザーラジアル 参加8艇 最終成績
1. LTU Viktorija ANDRULYTE 10.0p
2. BLR Tatiana DROZDOVSKAYA 29.0p
3. CRO Elena VOROBEVA 30.0p
4. 冨部柚三子 32.0p

ナクラ17 参加24艇 最終成績
1. ITA Vittorio BISSARO / Maelle FRASCARI
2. GBR John GIMSON / Anna BURNET
3. ITA Ruggero TITA / Caterina Marianna BANTI
17. 梶本和歌子/川田貴章

RS:X男子 参加29艇 最終成績
1. ITA Mattia CAMBONI
2. ITA Daniele BENEDETTI
3. FRA Louis GIARD
10. 富澤 慎
26. 池田健星

RS:X女子 参加26艇 最終成績
1. NED Lilian de GEUS
2. GBR Saskia SILLS
3. ITA Flavia TARTAGLINI
16. 伊勢田愛
17. 須長由季
19. 小嶺恵美
22. 新嶋莉奈

※49er、FX、フィン、レーザー、カイトボードに日本選手は出場していません。

◎World Cup Series Final Marseille
http://wcsf.marseille.ffvoile.fr/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ