【欧州】30ノット・サバイバル・マルセイユ。470吉田/吉岡が総合2位へ

  • 06
  • Jun

 6月5日、「ワールドカップシリーズ・ファイナル・マルセイユ大会」2日目は30ノットにあがる強風となり、沈艇、ディスマストが続出。470級男女は1レースおこなわれ、吉田愛/吉岡美帆が総合2位へ順位をあげました。(BHM編集部)


マルセイユ2日目。総合2位へあがった吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai

 6月のマルセイユは暑く、肌を刺すような強い日差しが降り注ぎ、ビーチに多くの海水浴客が訪れています。特にハーバーは日陰が少ないこともあり、じっとしているだけで汗が出てきます。

 資料によれば、マルセイユの平均最高気温は26度、8月には29度になるそう。2024年パリ五輪も東京(江の島)と同じく暑さ対策は必須のようです。

 マルセイユ沖は、強い日差しのなか、北東風がぐんぐんとあがり、470級のおこなわれた最も遠い海面では、波も悪く、サバイバルコンディションとなりました。

 日本チームにも沈艇がみられ、大きな順位変動も見られました。ワールドカップではSAP社の解析によるトラッキングデータが見られるので、どんなレースだったのかチェックしてみてください。

 470級男子でトップを取ったのはマット・ベルチャー/ウィル・ライアン(AUS)で、この手の風(強風以上)になると2位以下を大幅に引き離してフィニッシュする怪物ぶりを発揮しています。

 また、日本ナショナルチームの沖縄座間味合宿に、長期に渡って参加したスペインチームが男子総合1位に立っています。

 女子の吉田 愛/吉岡美帆は、強風レースで各国の選手が自ら順位を落としていくなか、安定した走りを見せます。最終ダウンウインドレグでは4艇をごぼう抜きする荒業をみせて着順2位、総合2位に順位をあげました。

 その後、マルセイユ沖の強風はやむことなく、午後3時には全てのレースがキャンセルされて終了に。伊勢田 愛が首位に立つRS:X級のレースはおこなわず、勝負の行方は明日へ持ち越しとなりました。


暫定9位、磯崎哲也/高柳 彬。photo by Junichi Hirai


土居一斗/木村直矢。photo by Junichi Hirai


宇田川真乃/工藤彩乃。photo by Junichi Hirai


市野直毅/長谷川孝。photo by Junichi Hirai


座間味合宿で日本チームと練習を積んだスペインがトップ。photo by Junichi Hirai


レーザーラジラル級に出場する冨部柚三子。レーザーラジアルはポルトガル・ヨーロッパ選手権終了から日が浅く参加8艇でおこなわれています


パリ五輪から新種目となるフォイル付きカイトボード。パリ五輪本番ではレース方式を男女ペアによるリレー競技として考案されています。photo by Junichi Hirai


ナクラ17級の梶本和歌子/川田貴章。日本チームでもっとも海外遠征が長く、マルセイユ後はドイツへ移動してトレーニングを積みます。photo by Junichi Hirai


海水浴客でにぎわうマルセイユのビーチ。photo by Junichi Hirai

2019 ワールドカップシリーズ最終戦マルセイユ大会 2日目成績
470男子 参加29艇 3R実施
1. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ 2.0p
2. AUS Mathew BELCHER / William RYAN 3.0p
3. ITA Giacomo FERRARI / Giulio CALABRÒ 5.0
9. 磯崎哲也/高柳 彬 16.0p
11. 岡田奎樹/外薗潤平 19.0p
14. 高山大智/今村公彦 21.0p
18. 土居一斗/木村直矢 27.0p
22. 市野直毅/長谷川孝 34.0p

470女子 参加24艇 3R実施
1. NED Afrodite ZEGERS / Lobke BERKHOUT 2.0
2. 吉田 愛/吉岡美帆 6.0p
3. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE 7.0p
19. 宇田川真乃/工藤彩乃 32.0p
20. 林 優季/西代 周 34.0p

ナクラ17 参加24艇 5R実施
1. ITA Ruggero TITA / Caterina Marianna BANTI 8.0p
2. FRA Billy BESSON / Marie RIOU 9.0p
3. GBR John GIMSON / Anna BURNET 12.0p
17. 梶本和歌子/川田貴章 52.0p

RS:X男子 参加29艇 3R実施
1. ITA Mattia CAMBONI 2.0p
2. ESP Angel GRANDA-ROQUE 3.0p
3. FRA Pierre le COQ 8.0p
15. 池田健星 24.0p
21. 富澤 慎 35.0p

RS:X女子 参加26艇 3R実施
1. 伊勢田 愛 3.0p
2. ITA Flavia TARTAGLINI 5.0p
3. NED Lilian de GEUS 7.0p
14. 新嶋莉奈 20.0p
16. 小嶺恵美 21.0p
18. 須長由季 25.0p

レーザーラジアル 参加8艇 3R実施
1. LTU Viktorija ANDRULYTE 2.0p
2. ITA Carolina ALBANO 3.0p
3. 冨部柚三子 5.0p

※49er、FX、フィン、レーザー、カイトボードに日本選手は出場していません。

◎World Cup Series Final Marseille
http://wcsf.marseille.ffvoile.fr/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ