【欧州】ワールドカップ・マルセイユ大会初日、RS:X女子の伊勢田がトップに立つ

  • 05
  • Jun

 6月4日、フランス・マルセイユで「ワールドカップシリーズ・ファイナル・マルセイユ大会」が開幕しました。この大会は、年間シリーズでおこなわれている五輪種目のワールドカップ最終戦で、40カ国/325選手が出場します。(BHM編集部)


英ウエイマスのヨーロッパ選手権から移動して出場するナクラ17級。日本の梶本/川田をはじめ24チームが出場します。photo by Junichi Hirai

 昨年9月の江の島にはじまり、1月マイアミ、4月ジェノバを経て、このマルセイユが最終戦になるワールドカップシリーズ。今回はカイトボード種目も開催されることになり、目新しさがある反面、5月に連続したヨーロッパ選手権の影響で、フィン級、レーザー級、ラジアル級、49er級、FX級の参加が著しく少ないという現象がおきています。

 しかし、日本選手は代表選考の流れの中で(本大会は選考ではありません)、事前トレーニングを含めて、世界のトップセーラーと手合わせできる数少ない重要な大会です。

 また、マルセイユは2024年パリ五輪の開催地で、本大会では開会式に州知事をはじめ現地のビッグネームが壇上であいさつするなど、オリンピックへ向けた勢いも感じられます。東京五輪以降、セーリングの中心地がマルセイユになることは間違いないでしょう。

 さて、大会初日のレースは7〜12ノットのトリッキーな風でおこなわれました。470級男子は、磯崎哲也/高柳 彬が7位、岡田奎樹/外薗潤平が8位につけ、レーザーラジアル級はリトアニアチームと練習をともにする冨部柚三子が3位につけています。

 また、陸寄りの比較的風の弱い海面でおこなわれたRS:X級女子は、伊勢田 愛が(17)-1-2位で総合トップに立ちました。RS:X女子には、伊勢田をはじめ、小嶺恵美、須長由季、新嶋莉奈の4選手が出場しています。

 4月におこなわれた第1回RS:X女子代表選考では、須長由季が日本選手最上位でポイントを獲得しましたが、各選手に得手不得手の風域があり、実力拮抗している印象があります。RS:X女子の代表選考は他種目に比べて多く(長く)、来年2月の世界選手権まで続きます。その間にどの選手が力をつけて抜け出すのかにも注目しています。

 ワールドカップ・マルセイユ大会2日目は引き続き予選がおこなわれ、8日(土曜)、9日(日曜)に決勝メダルレースがおこなわれます。


初日トップに立った伊勢田愛。photo by Junichi Hirai


マルセイユのシンボル、ノートルダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院。photo by Junichi Hirai


470男子7位の磯崎哲也/高柳 彬。photo by Junichi Hirai


レース前日の夕方からおこなわれた開会式。フランスのセレモニーは日本と同じようにスピーチが長いという特長があります。photo by Junichi Hirai


W杯は2024年パリ五輪セーリング競技が開催される場所でおこなわれています

2019 ワールドカップシリーズ最終戦マルセイユ大会 初日成績
470男子 参加29艇
1. ESP Jordi XAMMAR HERNANDEZ / Nicolás RODRÍGUEZ GARCÍA-PAZ 2.0p
2. AUS Mathew BELCHER / William RYAN 5.0p
3. ITA Giacomo FERRARI / Giulio CALABRÒ 5.0
7. 磯崎哲也/高柳 彬 16.0p
8. 岡田奎樹/外薗潤平 19.0p
15. 土居一斗/木村直矢 32.0p
16. 高山大智/今村公彦 32.0p
20. 市野直毅/長谷川孝 40.0p

470女子 参加24艇
1. GER Frederike LOEWE / Anna MARKFORT 6.0p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh McINTYRE 10.0p
3. GER Fabienne OSTER / Anastasiya WINKEL 10.0p
13. 吉田 愛/吉岡美帆 23.0p
19. 宇田川真乃/工藤彩乃 36.0p
23. 林 優季/西代 周 44.0p

ナクラ17 参加24艇
1. ITA Ruggero TITA / Caterina Marianna BANTI 3.0p
2. FRA Billy BESSON / Marie RIOU 3.0p
3. GBR John GIMSON / Anna BURNET 5.0p
14. 梶本和歌子/川田貴章 22.0p

RS:X男子 参加29艇
1. ITA Mattia CAMBONI 2.0p
2. ESP Angel GRANDA-ROQUE 3.0p
3. FRA Pierre le COQ 8.0p
15. 池田健星 24.0p
21. 富澤 慎 35.0p

RS:X女子 参加26艇
1. 伊勢田 愛 3.0p
2. ITA Flavia TARTAGLINI 5.0p
3. NED Lilian de GEUS 7.0p
14. 新嶋莉奈 20.0p
16. 小嶺恵美 21.0p
18. 須長由季 25.0p

レーザーラジアル 参加8艇
1. ITA Carolina ALBANO 3.0p
2. LTU Viktorija ANDRULYTE 6.0p
3. 冨部柚三子 8.0p

※49er、FX、フィン、レーザー、カイトボードに日本選手は出場していません。

◎World Cup Series Final Marseille
http://wcsf.marseille.ffvoile.fr/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ