【完成】バルクヘッドマガジン・カレンダーができあがりました!

  • 15
  • Dec

 バルクヘッドマガジンカレンダーが完成しました! みなさん大変お待たせしました。これから発送作業に入ります。ベルトは完成までもうちょい。もうしばらくお待ち下さい。(BHM編集部)

20171213-20171213-IMG_1570
今年もかっこいカレンダーが出来あがりました。タッチの差で申し込みできなかった方、大変申し訳ございません。次回までお待ち下さい。photo by Junichi Hirai

 お申込された方には編集部より返信メールを送っています。まだ、返信メールが届いていない方は、お手数ですが編集部までに御連絡ください。カレンダーは料金を振り込まれた方から順番で発送していきます。

バルクヘッドカレンダーお問い合わせ先
calendar2018@bulkhead.jp

 時間をかければ良いというわけではありませんが、6度目(6年目)の制作作業を経て、クオリティーがだんだん上がってきている気がします。

 表紙の写真は特に気に入っています。この写真は一瞬を切り取ったものですが、セーラーなら誰しもこの前後のシーンを思い浮かべてしまうのではないでしょうか? 写真は、風速10メートル強のリーチングレグで、スピネーカーをあげられずにサイドマークへ向かってきている場面です。

 台風の影響で波高が高く、選手たちは歯を食いしばって、波に身体を持っていかれないように踏ん張っていました。波に弾かれ、クルーが投げ飛ばされてしまったり、沈してしまう艇がいくつもありました。

 こうした写真を見ると、自分に置き換えて、選手の気持ちが伝わってきませんか? そして、また、海に出てアドレナリンが吹き出すような強風セーリングを体験してみたくなる。。。

 バルクヘッドカレンダーを見て、そんな気持ちになってくれたらうれしいです。

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ