【全日本インカレ】風なくレースキャンセル。福井・全日本インカレ初日

  • 02
  • Nov

 11月2日、福井県高浜町・若狭和田マリーナで開幕した「第82回全日本学生ヨット選手権」初日。早朝から快晴に恵まれながらも風は弱く、選手たちは昼まで陸上待機に。その後、海風が吹き出し始めますが、風力はあがりません。午後1時過ぎに4ノット程度の風でスタートし、コース変更をしながら展開しましたが、70分のタイムリミットに間に合わず。大会初日のレースはおこなわれませんでした。明日大会2日目の風に期待します。(BHM編集部)

00291102-374A9774
大会初日。レースはスタートしましたが風は弱く、ゆっくりと進行。最終的にはタイムリミットになりました。photo by Junichi Hirai

00291102-7Z7A8110
艇長会議はマリーナ敷地内に建てられた巨大テントでおこなわれます。photo by Junichi Hirai

00291102-374A9103
風待ち中の選手たち。ちょっと緊張しながらも元気いっぱいです。photo by M.Tanaka

00291102-374A9137
出艇時は応援合戦。出艇するスロープのまわりにはサポート選手が並び応援歌、校歌を歌います。photo by Junichi Hirai

00291102-DJI_0024
若狭湾に面した若狭和田マリーナは深い緑が美しい風光明媚なレースエリア。ただし、海が荒れると防波堤越えの大波が入るようで、先週の台風が通過した後はしばらく出艇できなかったといいます。photo by Junichi Hirai

00291102-374A9435
不安定な風ですが、実力校は順位をしっかり守っている印象でした。photo by Junichi Hirai

00291102-374A9854
風の弱いなか、しんどく長いセーリングが続きましたが、結局レースはキャンセルされました。photo by Junichi Hirai

00291101-7Z7A8052
今夏おこなわれた470級ジュニアワールドで銅メダルを獲得した高山大智(2年。写真左)/木村直矢(4年)は、日本大学ヨット部に所属していて、オリンピックキャンペーンと並行して活動しています。先々週のワールドカップ蒲郡大会、先週の江の島オリンピックウィーク、そして全日本インカレ出場とハードスケジュールをこなしています。photo by Junichi Hirai


2017全日本インカレ初日・ハイライト映像

バルクヘッドマガジン・フェイスブック
全日本インカレ・フォトギャラリー 初日

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ