【ワールドカップ】2017年WCS最終戦、スペイン・サンタンデールで開幕

  • 07
  • Jun

 6月6日、スペイン・サンタンデールで「ワールドカップシーリーズ最終戦」が開幕しました。2017年度WCSは、これまでマイアミ、イエールが終わり、サンタンデールがファイナルとなります。レースは外海と内海に分かれておこなわれ、内海は風の強弱が激しいトリッキーコンディション、外海はうねりの高いハードコンディションとなりました。大会初日の結果は、470級男子の今村 亮/外薗潤平(一宮グループ/九州旅客鉄道)が、1-2位で総合1位、磯崎哲也/高柳 彬(エス・ピー・ネットワーク/日本経済大)が総合4位につけています。2日目以降の戦いに注目です!(BHM編集部)

7Z7A4488
スペイン北方の都市ビルバオから約100kmに位置するサンタンデールで、ワールドカップシリーズ最終戦がはじまりした。photo by Junichi Hirai

ワールドカップシリーズ最終戦・サンタンデール 初日成績
470級男子 参加14艇
1. 今村 亮/外薗潤平 3.00p
2. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 7.00p
3. AUT David Bargehr / Lukas Mähr 8.00p
4. 磯崎哲也/高柳 彬 11.0p
7. 市野直毅/長谷川孝 18.0p
10. 小泉颯作/野田友哉 23.0p

49erFX級 参加15艇
1. ARG Victoria Travascio / Maria Branz 4.00p
2. GBR Kate Macgregor / Sophie Ainsworth 4.00p
3. BRA Martine Soffiatti Grael / Kahena Kunze 6.00p
7. 波多江慶/板倉広佳 12.0p

レーザーラジアル級 参加25艇
1. URU Dolores Moreira Fraschini 6.00p
2. GRE Vasileia Karachaliou 9.00p
3. ARG Lucía Falasca 14.00p
10. 土居愛実 21.0p

RS:X級男子 参加17艇
1. SUI Mateo Sanz Lanz 3.00p
2. FRA Thomas Goyard 4.00p
3. ESP Borja Carracedo Serra 7.00p
13. 富澤 慎 21.0p

RS:X級女子 参加19艇
1. BRA Patricia Freitas 4.00p
2. ISR Katy Spychakov 6.00p
3. CHN Yunxiu Lu 7.00p
9. 伊勢田愛 13.0p

CH6I3364
初日総合トップに立った今村/外薗。明日の戦いに注目です。レースの様子はワールドセーリング・ウエブサイトのトラッキングで確認できます。photo by Junichi Hirai

7Z7A4395
サンタンデールは2014年にISAFセーリングワールドが開催された場所です。写真に見える白い三角屋根のテントはワールド杯のための出店で、夜遅くまで賑わっています。photo by Junichi Hirai

7Z7A3874
外海の大きなうねりの中でスタートするレーザーラジアル級。photo by Junichi Hirai

7Z7A3786
ワールドカップ最終戦の本部船。ニューメリック・スタート(数字旗)方式、スタートラインを示す「START」ののぼりが使われています。photo by Junichi Hirai

7Z7A3551
正式活動なのか分かりませんが、ひっそりと(こっそり?)リオ五輪の金メダリスト、ハンナ・ミルズ(GBR)が470級女子に復帰していました。彼女は以前49erFX級への転向を発表しています。photo by Junichi Hirai

7Z7A4098
ナクラ17級とフィン級はもっとも遠方でうねりの高い外海の海面でおこなわれました。ナクラ17級は13艇がエントリーして、そのうち5艇がイギリスからの出場です。photo by Junichi Hirai

7Z7A4037
もっとも遠くうねりの高いレース海面のマークボートは1人。かなりの重労働ですが、上マークとオフセットマークを正しく設置していました。変更マークも1人で対応するようです。日本の10人分ぐらいの労働を1人でこなしています。photo by Junichi Hirai

CH6I4451
サンタンデールのセーリングセンター内は計測やRS:Xの置き場になっています。photo by Junichi Hirai

7Z7A4384
RS:X級男子の富澤 慎。「トップで走っていた時、風のないスポットにはまってしまい大勢に抜かれてしまった。冴えないレースをしてしまいました」(富澤)。photo by Junichi Hirai

7Z7A4494
ハーバーの目の前のメダルーレースがおこなわれる海面は、陸上からよく見えます。photo by Junichi Hirai

CH6I4470
観客席。艇庫の屋根が階段状の客席になっています。メダルレースはここから観戦できます。photo by Junichi Hirai

CH6I3294
総合7位の市野直毅/長谷川孝。470級男子には日本から4チームが出場しています。photo by Junichi Hirai

CH6I3847
今村/外薗の第1レースではリオ五輪メダリストのギリシアを直前レグで追い抜いてトップフィニッシュを決めました。photo by Junichi Hirai

CH6I3978
総合4位の磯崎/高柳。マイアミ、プリンセスソフィア杯に続くメダル獲得を目指します。photo by Junichi Hirai

CH6I4142
強豪ひしめくラジアル級はマリット・ボウミスタ(NED)が直前不参加。写真のエヴィ・ヴァン・アカー(BEL)が優勝候補です。photo by Junichi Hirai

CH6I4294
5月27日まで開催されたデルタロイドレガッタで金メダルを獲得した土居愛実。初日は11位の発進となりました。photo by Junichi Hirai

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ