【ワールドカップ】サンタンデール3日目、ラジアル級の土居愛実が総合7位へ上昇

  • 09
  • Jun

 6月8日、スペイン・サンタンデールでおこなわれている「ワールドカップシーリーズ最終戦」。大会3日目は再び太陽が隠れ、曇天のなか徐々に吹き上がっている風でレースがおこなわれました。外海でおこなわれたラジアル級、470級は不規則な波の影響で非常にラフなコンディションです。ラジアル級の土居愛実(アビームコンサルティング)は、6-6位を取って総合7位に上昇。470級男子は上位チームが安定したスコアを出しているので、日本勢と得点差が広がりました。(BHM編集部)

CH6I6953
ラジアル級の土居愛実が7位へ。残り2日間の予選で上位とのポイント差をつめたいところです。photo by Junichi Hirai

ワールドカップシリーズ最終戦・サンタンデール 3日目成績
470級男子 参加14艇
1. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 9.00p
2. AUT David Bargehr / Lukas Mahr 16.00p
3. USA Stuart McNAY / Dave HUGHES 18.0p
6. 今村 亮/外薗潤平 27.00p
7. 磯崎哲也/高柳 彬 36.0p
9. 市野直毅/長谷川孝 41.0p
10. 小泉颯作/野田友哉 41.0p

49erFX級 参加15艇
1. BRA Martine SOFFIATTI GRAEL / Kahena KUNZE 23.0p
2. GBR Charlotte DOBSON / Saskia TIDEY 24.0p
3. FRA Lili SEBESI / Albane DUBOIS 28.0p
8. 波多江慶/板倉広佳 62.0p

レーザーラジアル級 参加25艇
1. BEL Evi van ACKER 9.0p
2. DEN Anne-Marie RINDOM 12.0p
3. GRE Vasileia KARACHALIOU 26.0p
7. 土居愛実 37.0p

RS:X級男子 参加17艇
1. NED Kiran BADLOE 27.0p
2. FRA Louis GIARD 29.0p
3. ISR Shahar ZUBARI 31.0p
10. 富澤 慎 73.0p

RS:X級女子 参加19艇
1. BRA Patricia FREITAS 20.0p
2. CHN Yunxiu LU 26.0p
3. CHN Manjia ZHENG 44.0p
16. 伊勢田愛 104.0p

ワールドカップ・サンタンデール成績

7Z7A5554
サンタンデールは大きな港町。2014年にISAFセーリングワールド(全五輪種目の合同世界選手権)が開催された場所です。この季節は夜9時まで明るいので、ディナータイムはそれ以降。海岸沿いはバルやレストランが並んでとても賑やかです。photo by Junichi Hirai

7Z7A5562
バル(スペインの居酒屋)の看板に船のオブジェ。しゃれてます。photo by Junichi Hirai

7Z7A5587
出艇前におにぎりを食べる49erFX級の板倉広佳。日本選手の食事は日本セーリング連盟から派遣された栄養士が担当しています。photo by Junichi Hirai

7Z7A5631
五輪セーリングの救世主となるのでしょうか?ワールドカップでレギュラー化されたフォーミュラーカイト(フォイルカイト)。18艇が出場し、10分程度のスピードレースがおこなわれています。photo by Junichi Hirai

7Z7A5718
日本から4チーム出場している470級男子のスタート。4チームが10位以内に位置しています。photo by Junichi Hirai

CH6I6225
2レースを13-3位で総合6位の今村 亮/外薗潤平。初日トップから順位を落としていますが、踏ん張りどころです。photo by Junichi Hirai

CH6I6183
安定スコアで総合1位を保守するギリシア。リオ五輪の銅メダリストです。photo by Junichi Hirai

CH6I6424
大会3日目に実力派のアメリカが総合3位まであがってきました。photo by Junichi Hirai

CH6I6377
470級は最も遠い海面でおこなわれました。470女子はエントリーが少なく10艇のみ。ワールドセーリングの希望とは反対にフルエントリーを集めているのはレーザー男女だけ(他クラスは集まっていません)という残念な結果になっています。photo by Junichi Hirai

CH6I6580
470女子はリオ五輪の金メダリスト、ハンナ・ミルズが1位と2位の成績を並べ圧倒的な成績でトップを走ります。photo by Junichi Hirai

CH6I6742
レーザー級男子はフランスのベテラン、Jean Baptiste BERNAZがトップです。photo by Junichi Hirai

CH6I7218
サンタンデールの外海は迫力の断崖絶壁です。photo by Junichi Hirai

CH6I7255
RS:X級女子は中国が強い。2位、3位に中国が入り、トップのブラジルを狙います。RS:X男女と49er男女は土曜日にメダルレースがおこなわれるため、明日がフリートレース最終日となります。photo by Junichi Hirai

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ