【テーザー】リタイヤ艇が続出!上位陣安定、テーザー世界選手権3日目

  • 04
  • Aug

 蒲郡で開催されているテーザー世界選手権。8月3日、三河湾は徐々に風が強くなり、海面には白波が立つようになりました。2レース目以降は20ノット(約10m/s)を超える南東の風が吹き、ギアトラブルなどでリタイヤするレース艇が出るサバイバルコンディションに。そんな中、今日も3レースが実施され上位陣は安定した強さを見せました。(レポート/西 朝子 テーザーワールド実行委員会)

CH6I2092
最大20ノット強まで吹き上がった3日目。波のあるハードコンディションの中、3レースおこなわれました。photo by Junichi Hirai

 軽風から強風まで、どんなコンディションでも強いのが、ジョナサン/リビージョンソン・マッキー(USA)です。今日も5-1-1-と2レースでトップフィニッシュし、合計6ポイントと総合1位の座を危なげなく守りました。

 風が吹き上がる前の1レース目で1位となったのが、高橋洸志/杉浦博之です。このレースは2回のゼネリコの後に黒色旗が掲揚され、9艇が失格となる波乱のスタートとなりましたが、高橋/杉浦は良いスタートを切り、会心のレース運びで今大会日本人初のトップフィニッシュ。尻上がりの調子を上げてきた全日本チャンピオンは、9レースを終えて合計39ポイントと表彰台に手が届く5位まで上げてきました。

7Z7A8682
最終アップウインドレグで逆転勝利、第7レースでトップを取った高橋/杉浦。photo by Junichi Hirai

 上位陣が迫力のあるレースを繰り広げたのとは対象的に、20ノット以上の風と1.5mを超える波に翻弄されたのが中盤以降の多くの選手たち。特に3レース目は、ギアトラブルなどで参加艇の約3分の1がリタイヤする過酷なコンディションとなりました。

 小学生の息子2人と乗る長谷川勝啓/大智/帆風は、1レース目27位と健闘しましたが、2レース目がタイムリミット、3レース目はギアトラブルによりリタイヤと残念な結果に。

「波と風が強くて大変だったけど、怖くなかったし、がんばって走ったのにタイムリミットになって悔しかった」(長谷川大智、帆風兄弟)
「強風は得意だけれど、子供と乗っているのでこういう結果もしょうがない。これも楽しい」(長谷川勝啓)

7Z7A8742
ハリヤードトラブルでメインセールが落ちながらもフィニッシュへ向かう長谷川親子。photo by Junichi Hirai

 小澤拓身/蜂須賀弘美は、ギアトラブルで3レース目をリタイヤしました。
「いやぁ疲れた。太ももがパンパンで今日のパーティーは座るのが大変だった(笑)。ロワーマストにヒビが入ってやむなくリタイヤ。明日はレース艇の整備をしないと」(小澤拓身)

 そんなハードなレースの後にも、ソーシャルプログラムをしっかり楽しむのがテーザーセーラーたちです。レイデイ前のこの日は、三谷温泉のホテルで畳の大広間にお膳という純和風スタイルの「ザ・宴会」が開かれました。

 お箸を上手に使いながら食事をし、焼酎や日本酒なども楽しむ外国人と、お酒で口が滑らかになった日本人選手が各所でヨット談義に華を咲かせる様子は、家族や夫婦で楽しむ、アットホームなテーザーコミュニティーならではでした。

 8月4日はレイデイでレースは行われません。選手たちは観光に出かけたり、レース艇の整備をしたり、体を休めたりと思い思いに過ごし、週末のレースに備えます。

◎Tasar World Championship 2017
http://tasarworlds2017.org/
◎テーザーワールド バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
http://ur0.pw/F4kU

CH6I2261
レース3日目はゼネリコが頻発。ブラック・フラッグで失格になる選手も相次ぎました。photo by Junichi Hirai

CH6I2718
3日間で9レース。しかも中風から強風のテーザー級にとって最高のシチュエーションでおこなわれています。photo by Junichi Hirai

CH6I2576
吹き上がる風の中でもオージー(AUS)たちは元気いっぱい。photo by Junichi Hirai

CH6I3150
下マーク(ゲート)設営を兼ねるスタート・アウターチーム。何回アンカー打ったの?と聞いたら、「きょうは18回。3日間で60回ぐらい…」。選手同様、運営チームもがんばってます。photo by Junichi Hirai

CH6I3483
三谷温泉・明山荘の大広間でおこなわれた和風スタイルの「ザ・宴会」。photo by Junichi Hirai

CH6I3501
「ザ・宴会」では、国別対抗の座布団ゲームで盛り上がりました。photo by Junichi Hirai


テーザーワールド3日目ダイジェスト

2017-08-03_results
テーザーワールド3日目成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ