【ソフィア杯】日本3艇が決勝レース進出。吉田/吉岡、1位で最終レースへ

  • 07
  • Apr

 4月6日、スペイン・マヨルカ島パルマ・デ・マヨルカで開催されている「プリンセスソフィア杯」5日目。予選最終日は風弱く、シフティーな風のなかでおこなわれました。470級女子の吉田 愛/吉岡美帆(ベネッセ)が決勝メダルレースを前にトップへ立ちました。(BHM編集部)

00300406-CH6I8752
最終日前日にトップに立った470女子の吉田 愛/吉岡美帆。photo by Junichi Hirai

 むずかしい風で上位チームが順位を崩すなか、吉田/吉岡は2-7位と安定成績を残し、2位のGBRに4点差、3位のFRAに10点差をつけて首位に出ました。

 リオ五輪後、吉田の出産を経て、昨年秋のW杯蒲郡大会から復帰したチームは、蒲郡W杯で2位、江の島オリンピックウィークで3位、1月W杯マイアミ大会で3位の成績を残し、国際大会で表彰台を逃していません。

 この冬は、沖縄・座間味で長期合宿をおこない強風セーリングの感覚を取り戻しました。本大会でも初日からトップグループから離れることなく、強風では余裕を感じさせる走りを見せ、タクティカルな軽風戦でも混戦からうまく抜け出しフリートをリードしています。

 最終メダルレースの吉田/吉岡は、追われる立場で戦うことになります。メダルレースは得点が2倍になるため、順位とポイントを意識した戦略的な戦いが繰り広げられるでしょう。

 また、1レースだけおこなわれた470級男子では、磯崎哲也/高柳 彬が5位で決勝進出。3位まで4点差で、2位まで6点差で、メダル獲得圏内を保守しています。

 RS:X級の富澤 慎はメダル獲得ダービーからは離れてしまいましたが、7位で決勝メダルレースへ進みます。みなさん、日本チームのメダル獲得を応援しましょう!

49th Trofeo Princesa Sofia
http://www.trofeoprincesasofia.org/

00300406-374A9400
470クラスはフラッグが選手に配られ2024年パリ五輪の種目採用をアピール。今年5月におこなわれるワールドセーリング・ミッドイヤーミーティングでパリ五輪のセーリング種目(第一段階目)が発表される予定です。photo by Junichi Hirai

00300406-374A9511
FX級はオランダ2チームが圧倒しています。トップのオランダ艇は最終日を待たずに優勝を決めました。photo by Junichi Hirai

20180406-374A9421
スタート前にリラックスする吉田/吉岡。家族(吉田家)で国際大会を転戦するファミリーキャンペーンもカタチになってきました。photo by Junichi Hirai

00300406-CH6I9372
「きょうは順位を落としました。スタートして岸寄りのシフトをつかむまで我慢の走りが必要だった。自分は一歩早くタックして風を掴みきれなかった。あせっちゃだめですね」と富澤 慎。プリンセスソフィア杯では自身最高順位に位置しています。photo by Junichi Hirai

00300406-374A9919
パルマ大聖堂前でおこなわれたレーザーラジアル級も大きなシフトの入るレース海面。土居愛実は順位を落として17位で大会を終えました。photo by Junichi Hirai

00300406-374A9897
ナクラ海面の運営チーム。フォイリングレース経験の少ない日本ではイメージしにくいかもしれませんが、ナクラは本当に危険と隣り合わせです。オリンピックやW杯を日本で迎えるにあたり、ジェット等を使ったレスキュー体制の強化、選手の大怪我にも対応できるエマージェンシー設備の用意など、本気で考えなければならないでしょう。photo by Junichi Hirai


大会5日目ハイライト映像。提供:レイラインメディア


大会公式プリンセスソフィア杯5日目映像

◎2018プリンセスソフィア杯 5日目暫定成績
470級男子 参加79艇 9R終了時
1. Mathew BELCHER / William RYAN 21p
2. TUR Deniz CINAR / Ates CINAR 56p
3. GER Simon DIESCH / Philipp AUTENRIETH 58p
5. 磯崎哲也/高柳 彬 62p
11. 高山大智/今村公彦 84p
15. 岡田奎樹/外薗潤平 87p
17. 市野直毅/長谷川孝 93p
33. 小泉颯作/野田友哉 173p
42. 土居一斗/木村直矢
49. 出道耕輔/中川大河

470級女子 参加48艇 10R終了時
1. 吉田 愛/吉岡美帆 40p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh MCINTYRE 44p
3. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ 54p
19. 宇田川真乃/工藤彩乃 118p
21. 林 優季/西代 周 120p

49er級 参加91艇 14R終了時
1. GBR Dylan FLETCHER-SCOTT / Stuart BITHELL 82p
2. ARG Yago LANGE / Klaus LANGE 87p
3. FRA Mathieu FREI / Noé DELPECH 95p
44. 古谷信玄/八山慎司

49erFX級 参加54艇 15R終了時
1. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 45p
2. NED Odile VAN AANHOLT / Marieke JONGENS 83p
3. NZL Alexandra MALONEY / Molly MEECH 87p
15. 波多江慶/板倉広佳 154p
17. 山崎アンナ/高野芹奈 161p
35. 原田小夜子/永松瀬羅

レーザー級 参加182艇 10R終了時
1. AUS Matthew WEARN 43p
2. NZL Sam Meech 62p
3. CRO Tonci STIPANOVIC 80p
72. 南里研二
127. 瀬川和正

レーザーラジアル級 参加113艇 10R終了時
1. DEN RINDOM Anne-Marie 47p
2. GBR YOUNG Alison 70p
3. NED BOUWMEESTER Marit 78p
17. 土居愛実 154p
82. 冨部柚三子

ナクラ17級 参加47艇 15R終了時
1. ITA Ruggero TITA / Caterina BANTI 235p
2. GBR Ben SAXTON / Nicola BONIFACE 69p
3. ESP Fernando ECHAVARRI / Tara PACHECO 86p
35. 田畑和歌子/川田貴章
42. 深沢瑛里/田中航輝

RS:X級男子 参加118艇 10R終了時
1. FRA Louis GIARD 24p
2. POL Pawel TARNOWSKI 32p
3. DEN Sebastian FLEISCHER 42p
7. 富澤 慎 63p
67. 池田健星
86. 倉持大也
104. 尾川 潤

RS:X級女子 参加67艇 10R終了時
1. NED Lilian DE GEUS 28p
2. CHN Pei Na CHEN 37p
3. ITA Flavia Tartaglini TARTAGLINI 51p
22. 伊勢田愛 128p
26. 小嶺恵美 153p
49. 新嶋莉奈
56. 松浦花咲実

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボート・オーナーズクラブ
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ