【ソフィア杯】強風のマヨルカ予選3日目、岡田奎樹/外薗潤平が総合2位へ

  • 05
  • Apr

 4月4日、プリンセスソフィア杯3日目は前日までの軽風戦から一転、波のある強風の1日に。ナクラや49er、FXのハイスピードクラスではトラブルもあり、ソフィア杯らしい荒れたレース展開となりました。(BHM編集部)

00300404-CH6I6309
総合2位にあがってきた470級男子の岡田奎樹/外薗潤平。初出場ながらも勢いがあります。photo by Junichi Hirai

 プリンセスソフィア杯のレース海面は8海面あります。オンタイムでスタートすると、素晴らしくスピーディーにレースが進行し、午後はやばやとレースを終えるクラスもありました。

 本日のみどころは、470級男子の岡田奎樹/外薗潤平です。コンビはじめての海外レースにも関わらず、なみいるオリンピックチームをよそに快走し、2-3位の成績で総合2位にまであがりました。

 岡田/外薗は、昨夏に江の島でおこなわれた470級全日本選手権で初出場初優勝を果たし、大学を卒業した岡田はトヨタ自動車東日本に所属、外薗はJR九州に席を置きならトヨタ自動車東日本チームとして活動開始。今冬は主に沖縄座間味で合宿をおこない、チーム力を高めてきました。

 岡田奎樹は、2011年オプティミスト級世界選手権で銅メダル、2016年470ジュニアワールドで金メダル、という日本のセーリング史で類を見ない輝かしい成績を残してきた期待のホープです。

 470級でシニアの大会に出るのも初めてですが、五輪活動歴の豊富な外薗潤平をクルーに勢いのある走りを見せています。

 他の日本男子も負けていません。前年度プリンセスソフィア杯優勝の磯崎哲也/高柳 彬は6位へ。高山大智/今村公彦は10位、市野直毅/長谷川孝は11位で、日本勢が好レースを見せています。

 スペイン・マヨルカ島で開催されているプリンセスソフィア杯は後半戦へ突入しました。予選は残り2日間おこなわれ、最終日(土曜)はトップ10によるメダルレースがおこなわれます。

49th Trofeo Princesa Sofia
http://www.trofeoprincesasofia.org/

00300404-CH6I5894
470男子の顔といえばやはりこのチーム、マット・ベルチャー/ウィル・ライアン(AUS)が独走態勢です。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I6442
昨年は出場したレースで1度もメダルレース出場を逃していない磯崎哲也/高柳 彬。実力が拮抗する日本男子のなかでもピカイチの存在です。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I6376
岡田/外薗を追う高山大智/今村公彦。両チームとも新世代スキッパー+ベテランクルーというコンビです。この2チームには他にも共通項があり、外薗と今村は日本経済大出身クルー(ともに鹿児島県出身)。岡田、高山はオプティミスト級時代から活躍するも全日本優勝歴なし、高校時代もインターハイでは個人優勝経験なし。しかし、高山は高校時代に420ワールド優勝、岡田は470ジュニアワールド優勝(ともに日本人初)という国内よりも国際大会で結果を残してきた選手です。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I4221
女子トップのフランス。スキッパーのカミールはリオ五輪の銅メダリストで、出産を経て本大会より復帰しました。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I4401
強風レースでは実力差がはっきり出てきます。吉田 愛/吉岡美帆は総合3位に上昇しました。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I5646
リオ五輪後、GBRの金メダリスト、ニック・デンパシーが専属コーチとなり、上位成績を安定して残すようになった富澤 慎は総合7位へ。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I5282
風が吹き上がったレースでラジアル級の土居愛実も息を吹き返し、メダルレース射程圏内の14位にあがりました。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I5480
レーザー級の瀬川和正。予選前半の軽風戦であがれずブロンズフリートで戦っています。photo by Junichi Hirai

00300404-CH6I5429
シルバーフリートで戦う南里研二は現在70位。photo by Junichi Hirai

00300404-374A8167
470、49er、FX、ナクラ、フィンの拠点となるアレナルのヨットクラブ。photo by Junichi Hirai


大会3日目ハイライト映像。提供:レイラインメディア


大会公式プリンセスソフィア杯3日目映像

◎2018プリンセスソフィア杯 3日目暫定成績
470級男子 参加79艇 6R終了時
1. Mathew BELCHER / William RYAN 8p
2. 岡田奎樹/外薗潤平 27p
3. GER Simon DIESCH / Philipp AUTENRIETH 27p
6. 磯崎哲也/高柳 彬 36p
10. 高山大智/今村公彦 44p
11. 市野直毅/長谷川孝 45p
31. 小泉颯作/野田友哉 83p
45. 土居一斗/木村直矢
47. 出道耕輔/中川大河

470級女子 参加48艇 6R終了時
1. FRA Camille LECOINTRE / Aloise RETORNAZ 16p
2. GBR Hannah MILLS / Eilidh MCINTYRE 18p
3. 吉田 愛/吉岡美帆 22p
18. 宇田川真乃/工藤彩乃 52p
20. 林 優季/西代 周 60p

49er級 参加91艇 9R終了時
1. GBR Dylan FLETCHER-SCOTT / Stuart BITHELL 27p
2. POL Dominik BUKSAK / Szymon WIERZBICKI 32p
3. ARG Yago LANGE / Klaus LANGE 36p
50. 古谷信玄/八山慎司

49erFX級 参加54艇 9R終了時
1. NED Annemiek BEKKERING / Annette DUETZ 13p
2. DEN Ida Marie Baad NIELSEN / Marie THUSGAARD OLSEN 31p
3. DEN Jena Mai HANSEN / Katja Steen SALSKOV-IVERSEN 41p
17. 山崎アンナ/高野芹奈 50p
18. 波多江慶/板倉広佳 35p
36. 原田小夜子/永松瀬羅 77p

レーザー級 参加182艇 6R終了時
1. NZL Sam Meech 13p
2. AUS Matthew WEARN 16p
3. CRO Tonci STIPANOVIC 28p
70. 南里研二
138. 瀬川和正

レーザーラジアル級 参加113艇 6R終了時
1. NED BOUWMEESTER Marit 15p
2. DEN RINDOM Anne-Marie 18p
3. GBR YOUNG Alison 25p
14. 土居愛実 63p
73. 冨部柚三子

ナクラ17級 参加47艇 9R終了時
1. ITA Ruggero TITA / Caterina BANTI 14p
2. GBR Ben SAXTON / Nicola BONIFACE 28p
3. ARG antiago LANGE / Cecilia CARRANZA SAROLI 34p
31. 田畑和歌子/川田貴章
41. 深沢瑛里/田中航輝

RS:X級男子 参加118艇 6R終了時
1. FRA Louis GIARD 13p
2. POL Pawel TARNOWSKI 13p
3. DEN Sebastian FLEISCHER 18p
7. 富澤 慎 23p
70. 池田健星 111p
86. 尾川 潤 76p
88. 倉持大也 109p

RS:X級女子 参加67艇 6R終了時
1. NED Lilian DE GEUS 12p
2. CHN Pei Na CHEN 17p
3. CHN Yun Xiu LU 21p
22. 伊勢田愛 55p
28. 小嶺恵美 76p
50. 松浦花咲実
51. 新嶋莉奈

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボート・オーナーズクラブ
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ