【コラム】2017年バルクヘッドマガジン、あけましておめでとうございます

  • 06
  • Jan

top_main

新年、あけましておめでとうございます。
2017年もバルクヘッドマガジンをよろしくお願いいたします。
BHM編集部

 みなさん、今年はどんな年にしたいですか? 世界のセーリングニュースを伝えるバルクヘッドマガジンは、今年もマイペースで突っ走ります。みなさん、よろしくおつきあいください。

 バルクヘッドマガジンが誕生して今年で14年目になります。14年といえば中学生と同じ年代。編集長が中学生の頃は、まだ、セーリングに出合うことなく、部活動(剣道)とゲームと漫画とクワガタ取りに明け暮れていました。

 中学生のバルクヘッド読者は少ないかもしれませんが、気持ちは似たような所があります。いろんなことに興味津々だし、おもしろいと感じるものがあふれ出てくる。自分では感じないけれど成長していく時期なんだと思います。編集長の興味はクワガタからヨットに代わり、毎日そればかり考えています。

 この数年間、バルクヘッドマガジンは、記事を厳選して伝えるようにしています。14年前と比べると情報の伝え方が、大きく変わっているのを感じていて、情報の大量消費に拍車が掛かっています。世界のセーリングニュースも同じで、油断すると堰を切ったように流れ込んでくる。その情報が正しいのか、間違っているか、選別する余裕はありません。

 バルクヘッドでも1カ月で90回を超える記事を更新した時期もありました。当時、アクセス数は伸びたものの、取材した記事を発表してもすぐに消費され、忘れ去られてしまい、その形式に疑問を感じた次第です。

 世の中の流れに乗るのも大事ですが、自分が見てきたこと、現場で知ったことを伝える、という基本姿勢を崩さないことがバルクヘッドらしさかな、と感じています。

 さあ、2017年のはじまりです。年が変わるとどこか新鮮で、がんばろうって気持ちになりますね。冬のバルクヘッドマガジンは、編集長自身のセーリングも目標のひとつです。あまりにも遅い成長にめげそうになりますが、地道にがんばります。


1月4日、編集長の初フライト。フォイリングすると水を切る音がなくなり、風の音だけが聞こえてきます。不思議な世界です

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ