【アメリカズカップ】クオリファイヤーズ終盤。日本、フランスに勝利して3勝目

  • 02
  • Jun

 6月1日(日本時間2日)、バミューダで開催されているアメリカズカップ・クオリファイヤーズが終盤に向かっています。前日は風が弱くキャンセルされたため、取り組みは前日と同じ。風は微軽風のなかでおこなわれ、ソフトバンク・チームジャパンはフランスに大幅に差をつけて勝利。続くオラクルチームUSA戦ではスタートでペナルティーを取り、有利に展開しますが、アップウインドで痛恨のコースミス。アメリカにパフを取られて逆転を許してしまいました。2日はニュージーランド、スウェーデンと対戦します。(BHM編集部)

クオリファイヤーズ 6月1日の結果
JPN ○ – ● FRA
GBR ● – ○ NZL
USA ○ – ● JPN
FRA ● – ○ GBR

170601_ac35_rp8899
ソフトバンク・チームジャパンは、吉田雄悟、笠谷勇希(上写真)が交代で出場しました。「チームの状態は悪くない。今日は風の変化が激しく、選手にとっては嫌なコンディションだった。個人としてもまだまだやりたいことができてない。個人としては70〜80点。私たちは最後まで勝ち残るつもりでいるので、ここで敗退するというのは話にならない。1レース1レースしっかり戦って、次のステージに向けて勝ち抜く」(吉田)photo by ACEA 2017 / Ricardo Pinto

2017-06-02_01
微風でもフォイリング。GBR戦で圧倒的なスピードを見せたNZLの微風用ダガーボード(ダガーフォイル)。先端が反り上がっているのがわかります

170601_AC35_RP9224
グルーパーマ・チームフランスとランドローバBAR(GBR)はフィニッシュ手前まで大接戦。右海面のパフを掴んだGBRが勝利しました。photo by ACEA 2017 / Ricardo Pinto

2017-06-02acresult
アメリカズカップ・クオリファイヤーズ6日目までの成績

◎スポナビライブ(全レースライブ中継、見逃し配信あり)
https://sports.mb.softbank.jp/
◎アメリカズカップ
https://www.americascup.com/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ